« F値がレンズの決め手 | トップページ | イルミネーション »

2008年12月 3日 (水)

わたしは貝になりたい

いま話題作の映画、「わたしは貝になりたい」を観賞してきた。実はこの映画、昭和33年に、当時のテレビドラマだったと思うが観たのである。まだ私が11才の時だったが、ちゃぶ台がある部屋でモノクロテレビでの観賞。その時の主人公 清水豊松を、フランキー堺が演じていた。もう半世紀前のことだが、頭の片隅に映画の筋書きが残っていた。いま上映されている映画は、この清水豊松役をあのスマップの中居くんが演じている。昭和19年、平和な家庭で理髪店を営む主人公にある日、赤紙(召集令状)がきた。空襲が激しくなる最中、米軍機が撃墜され、搭乗員らが捕虜となったのだが、清水豊松が属していた部隊が山中で捕虜を殺傷させたという罪で、GHQに逮捕された。当時の軍は上官の命令は絶対的にもの、殺しはしなかったものの東京裁判で清水豊松は、BC級戦犯として当時の上官らと米軍ら連合国主導の裁判で絞首刑の宣告をうけた。A級戦犯は当時、東京裁判で世界の注目を浴びたが、日本意外の国で戦犯容疑で死刑になった人たちは謎のまま葬られた。今は平和な時代だか、終戦後においてもこうした戦犯で処刑される人たちが後をたたなかったという。巣鴨プリズン・・・ここで、戦犯扱いされた人たちは明日かも知れない自分の命をじっと待っていたのであろう。戦争は平和な家庭までを奪ってしまう悲しい出来事であった。

|
|

« F値がレンズの決め手 | トップページ | イルミネーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
ごまおの写真を掲載してもらって有難うございます。パソコンに載っけてある自分の姿に、首を傾げたり見入っていますnotes
ダウンロードしてプリントしましたよ。
わたしは貝になりたいの映画はまだ見ていませんが、話題作なので行きたいと思っています。

投稿: ごまおくんのパパ | 2008年12月 3日 (水) 22時10分

映画は、ここ毎月のように鑑賞しています。
一昨日のBSで、タワーリングインフェルノだったかな?  間違ってたらごめんなさい・・・
ポール・ニューマン主演作の高層ビル火災の映画です。映画はいいですね(o^-^o)

投稿: peco | 2008年12月 4日 (木) 08時21分

pecoさんこんにちわ
僕も日曜日にこの映画を友達らとみてきました。
SMAPの中居クンの演技に見惚れました( ^ω^ )
フランキー堺って僕は知りませんけど、そんな前テレビでやったんですか? 映画はあまり行きませんがDVDなんかでよく見ます。

投稿: モリゾーキッコロ | 2008年12月 4日 (木) 12時45分

もう見られたのですか。
中居くん演技は良かったですよね・・・
戦犯。。。敗戦国だけが味わう屈辱的な
戦争犯罪?見ていて複雑な気持ちになりました。

投稿: peco | 2008年12月 4日 (木) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/25873666

この記事へのトラックバック一覧です: わたしは貝になりたい:

» 爆走トラック!16トン [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
無教養な中年タフガイと大学出身のインテリ青年、という対照的な二人が16トン・トレーラー・トラックを運転しながら、行く先々でさまざまな事件に遭遇するというストーリー [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 19時19分

« F値がレンズの決め手 | トップページ | イルミネーション »