« 凍てつく氷点下の森 | トップページ | 犬山ハーフマラソン »

2009年2月21日 (土)

ごまおくんのその後

このブログにも時々、コメントを頂いている「ごまおくんのパパ」さんは、我が家から歩いて5分足らずの所に家がある。「ごまおくんのパパ」さんとは、犬の黒パグを廻ってひょんなところからのお付合いが始まったのである。では、ひょんな顛末とやらをお話ししてみよう。2007年の1月早々のこと、私が欲しくて欲しくてしょうがない犬を家内に無断で買ってきたときから始まる。岐阜県多治見市の在るペットショップ・・・2005年に飼っていた愛犬を亡くして1年ちょっと、我慢していたがそのペットショップは、仕事の行き帰りに通る道に店舗があって、時々どんな犬がゲージに居るのか見に寄ったりしていた。2006年の12月上旬だっただろうか、オーナーの方から翌日、黒パグの小犬が来るから見に来ませんかと・・・もともと黒パグは大好きな犬だったので、気軽な気持ちで翌日お邪魔した次第。その時はまだ購入するかどうかは決めていなかったのだが、その黒パグを抱いてみた途端、心が買うになってしまった。ワクチンなどは二回済ませてあり、年明けにもう一度してもらう約束で契約をしてしまった。心のなかでは、いいだろうか家内にはまだ何も話してないけど・・・と思ったが、あまりの可愛さに負けてしまった。家内は、今まで犬を飼っていたことだし嫌いではないからと、安易な気持ちになっていた。そして、年が開けた2007年の1月上旬に、黒パグを家に抱いて帰ったのである。家に帰るなり血相を変えた家内に、こっ酷く叱られたのは言うまでもない。挙句の果て、居候猫の「クララ」でさえ、逆毛を立てて珍客をけん制する有様。その夜から家内は一切喋ってくれないし、困ってしまった。ちょうどその時は、長男の嫁が臨月で予定より、4・5日遅くれていた矢先だったし、産婦人科の病院に毎日のように通いつめていたころで、何かと心配していたころだったせいもある。その夜、「クララ」は2階にあるトイレにも上ってこず、けん制したままの状態だったらしい。当時の私は2階で寝ていたので、黒パグの小犬は一晩だけ私が抱いて寝て、翌日知り合いの友人に飼ってくれないか打診していたところに、ごまおくんのパパが手を挙げてくれた。パグの飼育は難しいといわれているが、夏は暑さに弱く冬は寒さに弱いそうで、鼻が低い愛嬌のある顔だが、体温の調整ができないのが難点とも。それに、顔はひしゃけてシワだらけなので、根気に麺棒やガーゼなとで拭いてやらなければならない。その家は以前、パグを飼っていたが病気で亡くしていて、奥さんとも相談されて欲しいということになり、結局は我が家からの養子で飼ってもらう事になった。条件は時々会いに行くということで、名前は直ぐに決まったようだ。前に飼っていたゴンゾウとマメオ(二匹ともパグ)の名を捩って「ごまお」となった。我が家では、初代からずっと四代目までは「ペコ」で名が続いていたので時々、「ごまお」に会いに行っても最初のうちは「ペコ」と言ってしまった。いまとなっては何となく名残惜しい感じもするが、飼ってもらう事に決めてしまった以上、これから「ごまお」が大事に育ててもらえればと思っている。今年の10月で「ごまお」は3歳となる。

20090215 【最近のごまおです。撮影したのは2009.2.15】

|
|

« 凍てつく氷点下の森 | トップページ | 犬山ハーフマラソン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

pecoさんこんばんは。
ごまおくん大きくなったわねheart04
とってもかわいいよ!
う~ん
でも、お母さんも残念がっていらっしゃるんじゃないの?

投稿: ともこ | 2009年2月21日 (土) 21時06分

ともこさん おはようございます。
たった一晩だけでしたが、ごまおと一緒でした。
凄いイビキだったよ(o^-^o)
グゥスカッグゥスカッ・・・
ペコが居たときは、二人揃っての旅行は出来ず
どちらかが留守番、これもワンちゃんを飼わない理由だったのかも?クララはトイレもOKだし
散歩も不要、食事だって多目に容れておけば、一晩留守にしても何の不自由もないからね。

投稿: peco | 2009年2月22日 (日) 06時27分

pecoさん こんにちは

ごまおくん可愛いですね。
pecoさんのいわれも解かりました、私も今の生活に為り家をしばしば開ける事が多く、泣く泣く知り合いに長年飼っていた柴犬を飼って貰うことにしました。忘れられず、携帯のアドレスに柴犬の名前を入れてます。時々思い出して元気にして、可愛がって貰ってるか心配です。dog

投稿: maho | 2009年2月22日 (日) 16時15分

mahoさん こんばんは。
犬猫は飼ってみないと可愛さは解かりませんね。
飼う以上は、最後まで面倒をみることが必要だし家族同様の付き合いをしなければ・・・
幸い、ごまおはいい環境の養子先がみつかり
ました。

投稿: peco | 2009年2月22日 (日) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/28270289

この記事へのトラックバック一覧です: ごまおくんのその後:

« 凍てつく氷点下の森 | トップページ | 犬山ハーフマラソン »