« レトロな時代 | トップページ | うなぎの老舗 »

2009年5月 7日 (木)

災害のシンポジウム

今日の午後から、民間の災害シンポジウムに参加してきました。出席者は約120人ぐらいで、官庁や防衛庁などからも災害に関しての座談会形式の質疑応答などがあった。テーマは「災害時に於ける初期的な避難と、自分の安全と救助活動について」であり、ライフラインのあり方についても出席者からは多くの質問があり、災害に関する市民らの眼差しは真剣そのものだったようだ。災害なんていうのはいつ、何処で起きるかは解らない。話題となっている東海・南海沖地震にしても、もう十数年前から起こりうるとしか発表されていない。昔から地震・雷・家事・親父なんていうことわざがあるが、地震国である日本では過去に於いて大きな地震災害が起きている。関東大震災や濃尾地震、新潟沖地震、南海沖地震、福井地震、宮城沖それに阪神大震災や中越地震などなど、大被害をだしている。その度に多くの被害者や被災者、家屋の倒壊など、生命や財産が一瞬のうちに失われる。もしも大地震が今夜にでも起きたら、皆さんはどうしますか?身を守る対策や保存食、貴重品袋そして家族らとの緊急連絡先など、万全ですか?残念ながら、出席者のほぼ98%の人たちは全くの無防備である。お恥ずかしい話だが、自分もそのなかの1人であっのも事実。地震国日本には、無数の地下断層があって東西あるいは、南北に幾つも重なり合っている。その断層の直下でマグニチュード7から8程度の直下型地震が起きると、木造家屋の8割から9割は半壊若しくは全壊するという。RC耐火構造の建物でも、揺れによる亀裂や鉄筋の本数が多少によっては倒壊だってあり得るのだ。一瞬のうちに停電となり、真っ暗闇で家族らとの避難など想像するだけで、パニックになってしまう人たちもきっと多いはず。Photo 改めて、地震災害の怖さを思い知ったのである。 

この写真は、昨年の中国での大地震である。RCの建物が一瞬に崩れ落ち何百人かが生き埋めとなった建物は、まるでガレキのクズとなって救助活動もできない無残な姿、これが地震の姿でもある。まずは自分たちの生命、そして財産を守るには自分たちが率先して災害への取組をしなくてはならない。ライフラインの復旧にしても少なくとも3日、4日は掛かると思われるし、緊急の持ち出し用品ぐらいは我々が準備しておく必要がある。Photo_2

早速、我が家の緊急持ち出し品も用意しておこう。

|
|

« レトロな時代 | トップページ | うなぎの老舗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Pecoさんのブログは、ありとあらゆるテーマが日替わりで見られて宜しゅうおすなぁ。
わてらみたいな年寄りには話の玉手箱みたいで、明日の仲間らとの話のタネになりますんや。あの阪神大震災で亡くなった婆さんの実家が潰れてもうたんや。婆さんの三回忌もこないだ終わったけどな、生きとったら七十五やでぇ。
そのうちに婆さんが迎えにきたらはよう逝きまっせ。

投稿: ガバの爺さん | 2009年5月 7日 (木) 22時14分

こんばんはnight

中国の地震の写真、ひどいですねえ。

私は98%でした。家族が別れて住んでいて、
しかも流動的だったので、打ち合わせができていません。

東海沖地震が来る、来る、と言われていたのに、
いつのまにか忘れています。

愛知は少なくなったとはいえ、日本語がわからない外国人が
います。彼らにも緊急時の言葉を教えないと困ると思います。

非常時持ち出しグッズ。やってませんdownwardright

投稿: 香菜 | 2009年5月 7日 (木) 22時29分

Pecoさん
災害は怖いですね。といいながら何も準備をしていないちぶすです。もし今災害になったら・・・・・・sad
備えあれえば憂いなしです。準備しなくては・・・・ね!

投稿: ちぶす | 2009年5月 8日 (金) 16時19分

ガバの爺さん>>
こんばんは。
先日のコメントで、ガバの爺さんの奥さまの三回忌のお話を聞きましたが、奥さまの実家が神戸だったんですね。。。
確か、前に長田区で靴屋を営んでいらしたのが在所だったとも言っておみえでしたが。災害は何時起きるか判らないから怖いんです。


香菜さん>>
こんばんは。
中国四川州では未だに災害復旧が行われていない地区もあるようですよ。五輪が最優先でしたお国柄ですから・・・
災害伝言メッセージなるものがあり、登録しておいてイザと言うときに役立ちます。家族のものに教えておかないと無駄になるけどね。 非常持ち出し用品は用意しておいたほうがいいですよ(*^-^)


ちぶすさん>>
こんばんは。
備えあれば憂いなし・・・用意だけしておいても損はありませんからね。突然グラッグラッと来たら、それも深夜だったらと思うと。
早速、我が家には決まった場所に防災備品を置くようにしました。(o^-^o)


pecoからのメッセージでした。

投稿: | 2009年5月 8日 (金) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/29489367

この記事へのトラックバック一覧です: 災害のシンポジウム:

« レトロな時代 | トップページ | うなぎの老舗 »