« 温泉と蕎麦 | トップページ | 足利事件はえん罪 »

2009年6月 4日 (木)

あの事件から20年

あの事件とは第二次天安門事件。1989年6月3日深夜から翌朝にかけて、中国天安門広場で発生した「血の日曜日事件」のことである。略して「六・四」とも呼ばれた中国の学生民主化運動による政府との衝突であった。事件のきっかけとなったのは、同年4月に亡くなった胡耀邦元中国共産党総書記の死を悼む形で起こった民主化運動だった。この追悼デモは民主化要求の大デモに発展し、一般市民の参加も得て広場の占拠、そしてハンストなどを展開した。更に政府機関の役人、マスコミ、軍人なども参加し数万人規模でデモが繰り広げられた。この背景には、独裁的な支配を強めていた鄧小平と中国共産党長老政治に対する不満、そして政府による経済開放政策が引き起こした物価高に対する抗議でもあった。またそのころは、東欧諸国で進行していた民主改革の動きなどの影響力もあった。政府による軍の天安門鎮圧の様子は、さまざまな角度から捉えられ戦車の行く手を阻む学生らの姿は全世界に発信された。そして、とうとう人民解放軍が学生や一般市民に向けて発砲するなどして、多くの死者が出た。事件の真相を隠そうとする政府・軍は中国全土に戒厳令を敷き、天安門事件を風土化させようとした。今年であの事件から20年となった日、台湾に亡命していた当時の学生リーダーが、昨日マカオの中国当領地当局に出頭し、拘束されたということを耳にした。この事件で闇に葬られた学生、一般市民らはその後どうなったかは定かではなく、ある消息筋の話では処刑されたものがかなりいるのではと。民主政治の基本ともいえる国の舵取り、資本主義、民主主義がいいのか共産主義がいいのかは別として、国民が納得できる政治こそ国際的な信用を得る政治ではなかろうか。P この写真は時事通信社のファイルからダウンロードしたもので、鮮明ではありません。この事件後における中国政府当局の報道規制は、昨年の北京五輪でも立証されたように厳しいチェック体制が施された。大国である中国は、いまや自動車産業では米国、日本を抜き世界一とされるが、共産主義国家であり自由社会にも顔を出す一面をも持っている。

中国が今日のテーマになったついでに、昼ごはんは中華にと・・・。中国料理は国の大きさから色々な種類がある。北京料理・上海料理・四川料理・広東料理など、その種類も多く料理方法も多種多彩である。一人だけで頂く中国料理ほど勿体無いものはないと思い、簡単なランチもので今日のお昼は済ませた。      2009_0604_112_2   

麻婆豆腐ランチです。ちょっと辛めだが、ご飯の上に乗せて頂くのも良いものですね。あと鶏がらのスープとザーサイ、それとデザートに杏仁豆腐がついてきた。

それから昨日、掲載させて頂いた藤橋の温泉ですが以前、中部温泉湯巡りという月刊誌で岐阜県などの温泉施設を撮影した経緯があり、今でも時々ですが掲載しています。最近、温泉施設でもカメラなどでの撮影を禁止しているところがこざいます。ですから前もって、許可を頂いての撮影ですから念のため。

|

« 温泉と蕎麦 | トップページ | 足利事件はえん罪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

pecoさんこんばんはです。
天安門事件のとき、僕はまだ1歳でした。後にこの民主化運動があったことを知りましたが、中国という国は行ったことも見たこともないので、よくはわかりません。
でもpecoさんがおっしゃるように、鎮圧した軍はどんな思い出で同胞の人たちに銃を向けたのか。民主運動は、国を思っての行動なのにそれを抑制とは名ばかりの弾圧には残念です。
中国からうちの大学に四人留学に来ています。貧しい家庭ではないと思いますが、一度このことを同じ学生仲間として聞いてみたいと思います。

投稿: モリゾーキッコロ | 2009年6月 4日 (木) 20時25分

天安門事件…共産主義か? 民主主義か?
難しい問題提起のあと、カラリと美味しい話題に移りましたね

ピリ辛の麻婆豆腐をご飯にかけて食べる…美味しいですよね。いくらでも食べられちゃうわ♪

投稿: おき | 2009年6月 5日 (金) 00時04分

pecoさん、さすが報道に従事している方です…
昨日の内容が今朝の新聞に載っているということは、そういう情報がすでにpecoさんらの耳に入っているんだ。日本は中国などに比べ、報道の自由が認められていて良い国家ですね(o^-^o)
北京のオリンピックで、他国のメディアが取材制限があるとは知らず、カメラを向けたら当局者らしき人に中のメディアを抜かれたなんていう記事も載っていました。フランス人はカメラを壊されたようですね。

投稿: 大岡忠相 | 2009年6月 5日 (金) 10時07分

こんにちは。

天安門事件のきっかけはそうだったんですね。
知りませんでした。

中国へは、ホームステイで行きました。
前年度の行き先は、韓国で、一般家庭に
分泊させてくれたのに、私たちの中国は、
個人宅は×で、まとめて民宿でした。
そして、村で出迎えてくれた背広の人達が私たちと
ずっと一緒にいて隣のテーブルで偉そうにしていました。
出迎えてくれたので、民宿の人かと思ったけど
どうも違う。(誰?)と思っていました。
後からわかりましたが、彼らは 私たちを
監視していたんですね。そういう国なんですね。

投稿: 香菜 | 2009年6月 5日 (金) 12時01分

モリゾーキッコロさん>>
こんばんは。
当時、1歳でしたってね。
中国も文化革命後は、かなり変化があったと聞かされていましたが元々共産党が支配してきた国家です。今でも人民とは名ばかりかも知れません。
そうですね、
留学生がどんな話をするのか注目したいね。
今日は1日雨でしたが、もうそろそろ梅雨に入る頃ですね(u_u。)


おきさん>>
こんばんは。
どうしても、こういう話になってきますね(笑)
どなたも関心がない事ですから、面白くも可笑しくもないですよね。
もっと明るい話題でもあれば別ですけど…
ガラリと変わるところがミソなんですよ(o^-^o)


大岡忠相さん>>
こんばんは。
おっしゃるように、報道規制がある中国など
には憤りを感じます(≧ヘ≦)
報道は自由が鉄則の欧米、日本らに比べるとかなり劣っていると思います。
私の友人に新華社に勤めている人がいます。
海外へ発信する記事には、当局の閲覧があると聞きます。自由な報道は出来ないと言っていますよ。


香菜さん>>
こんばんは。
韓国と中国は同じ東洋人ですが、文化が違いますし国策だって違います。韓国は何度も行きましたが、何処に行くにも規制はないけど
中国は自由に歩けません。おっしゃってみえるのは公安当局員で監視なんですよ!
あの香港だって今は特別行政区になりましたが、以前のようにフリーで行ける所も狭まってきたようです(`◇´*)

pecoからのメッセージでした。

投稿: | 2009年6月 5日 (金) 20時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの事件から20年:

« 温泉と蕎麦 | トップページ | 足利事件はえん罪 »