« ぎふ清流国体が正式決定 | トップページ | 夏の大会開会式と郡上 »

2009年7月10日 (金)

蕎麦は一番だね

ここ数日、岐阜はうだるような蒸し暑さです。食欲もなく、どちらかと言うとサッパリしたものが食べたい。毎晩、風呂上りには冷たいビールを頂くのが日課でもあり、この夏に漬けた梅酒も美味しく頂ける。ビールのつまみには我が家で収穫したゴーヤーが、毎日のように食卓を飾る。一昨日はゴーヤーチャンプル、昨日はゴーヤーの塩揚げとゴーヤーや胡瓜が出てきます。夏ならではの料理ですが、蒸し暑く食欲が進まないときでもこれらがあると、自然と箸が進むようです。今日は朝早く、一宮市奥町に支度部屋がある佐渡ヶ嶽部屋へ出向いた。この場所二度目となる訪問でしたが、前回は大勢のお客さんらが居て師匠や部屋付きの親方衆と、ゆっくり話すことが出来なかったから。2時間ほどお邪魔した後、部屋を後にして犬山の出羽海部屋に向かった。今日は地元紙の若き女性記者と、チャンコをご相伴に預かる日。わが部署のミセス・キャリアを一回り若くしたヤング女性記者で、過去に何度も野球などでお世話になった方です。一昨年もこの部屋でチャンコをご馳走になったから、彼女にすれば二度目となる。今日のチャンコは、出羽名物の真っ黒な墨入りタコぶつです。ここの師匠(元 鷲羽山)は播州の出身で、田舎から瀬戸内海で獲れたタコが毎年、この名古屋場所が始まる頃に大量に送られてくる。明石のタコに近いが、今日食べたタコは手長タコとも呼ばれ、胴体や頭部は小さめで脚が長いタコなんです。このブログで何度もチャンコの写真を掲載したので、今日はチャンコの写真は一切なしです。それより、チャンコが終わってから、岐阜朝日大から初となった角界入りの力士への取材も兼ねてである。四股名も初場所後に変わり、朝日盛から福の花へと改名し心機一転頑張るつもりでいたようだが、大阪場所前に左足首を痛め全休・・・。番付も関取間近の幕下から三段目に落ち、五月場所で四番勝ち三段目西筆頭と踏ん張った。この場所は何としても幕下復帰を図りたいと、六番勝つ目標を掲げる意気込みであった。福の花に続いて角界入りした朝日大の後輩も2人いて、1人は田子の浦部屋の碧天(あおぞら)が幕下、それに木瀬部屋にも同じく幕下上位に特真鵬(とくしんほう)がいて、後輩のほうが番付を上げているのが、よほど悔しいようだ。力士にとって怪我は一番怖いが、かと云って怪我を恐れ前に出る相撲が出来なくなると苦しい展開になる。相撲は立会いが統べてで、相手力士より先にまわしを摂り、自らの得意技で土俵を割らせるのが一番。後輩たちに負けるものかと、必死に稽古に励んだ朝日大出身力士に期待したい。

さて蒸し暑かった今日の夕ご飯は、美濃加茂の蕎麦やに女房さまと向かった。この夏から、新しいメニューが出来たようで源殻蕎麦である。蕎麦殻を捨てずに、更に細かく刻み蕎麦うちのときに殻粉を混ぜたものです。色も普通の蕎麦麺より色濃くて、味も香ばしいようです。2009_0710_055 2009_0710_056 2009_0710_057                          

そば湯もいい香りで、何となくマイルドな味がします。源殻蕎麦・・・今までの蕎麦より、ちょっと風変わりな蕎麦である。云うまでないが、もう一枚追加させて貰らいました。結構なお味でございました。

|
|

« ぎふ清流国体が正式決定 | トップページ | 夏の大会開会式と郡上 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

pecoさん、こんばんは。
先日の赤ちゃんゴーヤーの写真がもう食卓に、緑のカーテンも清々しいことでしょう。
私、恥ずかしながらゴーヤと思ってました。「ゴーヤー」だったんですね。

蕎麦夕食にドライブ、いいですね~。
もう10歳若かったとしても、都心では考えられない贅沢ですから。

投稿: 高尾山 | 2009年7月10日 (金) 20時11分

暑くて食欲のないときに冷たいモンはいいですね。
まあ、それよりもビールのほうがいいかも・・・(笑)

私的には↓のやきそばも捨てがたいです。
やきそばと、ビール・・・あー! たまりません!!(爆)


投稿: なんじゃ | 2009年7月10日 (金) 22時35分

アスリートにとって怪我は一番遭遇したくないことですよね。
相撲界は「番付」で順位が明確になってしまうから、より一層厳しい世界ですね…。
もちろん、それが励みにもなるのでしょうが。

司会も怪我・病気・事故など許されないお仕事です。
過去に二度ほどヘルニアを発症して、ブロック注射をして臨んだことがあります。
歩くのがやっと、少しでも頭を下げると激痛が走るような状態でパーティ司会をしました。
マイクから「うっ!」といううめき声が出ないようにするのに必死でした。
ほんとうに痛かったです、辛かったです…!
でも、そんな私を気遣い支えてくれた会場スタッフの皆さんのあたたかさを心から感じた日でもありました。
無事にお開きをむかえた瞬間、感激して泣けました…crying

健康って、ほんとうに大切です。
でも、そうでなくなったときに知ることもありますよねconfident

でも、でも、
健康でないとお蕎麦を美味しく食べることは出来ませんねdelicious

投稿: おき | 2009年7月10日 (金) 22時54分

深夜ですみません。
蕎麦とかそうめんの季節になりましたね~。
体が暑さにまだ慣れていない今の時期が1番熱中症などにもなりやすいんだとか。

食べ物も睡眠もしっかりとって体気をつけないと!ですね。

私ももう寝ます。おやすみなさい。

投稿: 詩子 | 2009年7月11日 (土) 02時20分

高尾山さん>>
おはようございます。
「ゴーヤ」が正しいのか「ゴーヤー」なのか、よくは判りません。
こちらの評言は、言葉の末尾に「-」と、ハイフォンをつけるので、自然と訛りになったのかも・・・(o^-^o)
そもそも、苦瓜りなんですよね(笑)
私は根っからの蕎麦好きなんで、たまりません。


なんじゃさん>>
おはようございます。
大阪も蒸し暑い日が続いているようですね。
貴殿がお昼メニューを詳細に書いていらっしゃる影響をうけ、私もはまっています(爆)
咽喉越しがいい冷たいもの、特にビールが美味しい季節です。焼きそば?県庁内の食堂なので、安くてビックリでした。えっ味ですか?
ご想像にお任せψ(`∇´)ψ


おきさん>>
おはようございます。
私たち、生身の人間は怪我や病気が絶対に無いとはいえません。
ただ、スポーツに従事される方たちは、怪我の内容によってはそれが致命傷となり兼ねます。
数年前までは、相撲の世界は稽古や場所中に怪我で休むと公傷扱いになり、番付は下がりませんでした。それが撤廃されてからは、むやみやたら休まなくなりましたね。
おきさんの職業意識は、さすがプロとしての自覚がおありで感服致します。
おっしゃるように、身体が元気の源・・・
毎日、疲れた身体をケアーするのも自分の為でありプロとして当然かも知れませんが、今の若い人たちに見習って頂きたいですねo(*^▽^*)o
私も健康には人一倍、気をつけています。


詩子さん>>
おはようございます。
お元気そうで、活躍なさっていらっしゃるご様子ですね(*^m^)
流しそうめん・・・これも季節を感じますね!
麺好きなものにとって、一番のご馳走です。
もうまもなく、梅雨明けとなりますが
真っ先に流しそうめんの味を堪能しに行きます。


pecoからのメッセージでした。

投稿: | 2009年7月11日 (土) 05時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/30489205

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦は一番だね:

« ぎふ清流国体が正式決定 | トップページ | 夏の大会開会式と郡上 »