« モンテンルパ | トップページ | 県岐阜商が優勝 »

2009年9月29日 (火)

十五夜おっ月さん

今年の中秋の名月は、10月3日の土曜日です。ススキに団子を備えて、お月見をなさる方がきっと多いと思います。お月さまでは、可愛いうさぎが餅つきをしていますが、子供たちにとっては格好な絵本になるのではないかな。童話のかぐや姫だって、子供たちは大好きな絵本かと思います。子供たちに語り悟る童話の世界に、不思議ではない世界があるのでしょう。カミサンは孫たちに、いつもこのような童話の絵本を詠みながら、子守唄のように歌って寝かせます。そのほか、子供の童話とは違いますが、お月さまをイメージした芝居には、国定忠治とか金色夜叉の寛一お宮物語など、数々あります。こうしたお月さまは私たちが見るお月さまと、外国で見るお月さまとはちょいとばかり模様が替わっていることはご存知ですよね。日本ではお星さまの星座では北斗七星が有名ですが、南に行くと南十字星が見えます。ではお月さまはどのように見えるのでしょうね・・・中国だと、大きなカニに見えますし西洋では女性の横顔、南半球ではロバに見えたりワニにも見えるそうです。満月のお月さまは、地球上から様々な姿に映って見えるのですね。お月さまはロマン漂うお星さま・・・外国のイソップにも多く登場します。吸血鬼ドラキュラもその一つですね。狼少年だってそうです。歌にもありますよ・・・先日、マイブログでお話しましたが、夕方になると昔しはお寺の鐘が鳴ると、我が家に帰る時間でしたがそれがいつの間にか、広報のミュージックチャイムになりました。五時半になると夕焼け小焼け♪七時になるとアンディー・ウィリアムスのムーンリバー♪等など。歌謡曲でもお月さまをイメージした歌がいっぱいあります。なかでもイヨマンテの夜♪これは、歌にまつわるこんなエピソードがあるそうです。歌ったのは故 伊藤久男さんですが、i と o 真ん中に y を付け加えた。イオマンテは昔からアイヌの儀式でヒグマなどの動物を殺して、その魂であるカムイを神々の世界に送り出すまつり・・・北海道の著人らから、このイオマンテにクレームがついて、作詞家の菊田一夫さん・作曲家の古関裕而さんが題名と歌詞の一部を編曲した。いわつきの歌だったらしい。この歌は1950年代の公共放送での、全国のど自慢コンクールで、この歌ばかり歌った一般の人がいたそうな。それくらい、人気があったし男の堂々とした歌だったことを想いだした。

さて、今日の美味しい出会いはこれです。刃物の町関市本町通にあり、このブログにも度々登場する鰻の辻屋です。関市には鰻やさんが数十件あり、しげ吉・孫六・みよし亭・木屋・浅野屋などが何時も行くお馴染みの鰻やです。Nikon2009_0929_007 Nikon2009_0929_008

鰻の焼き方やタレは店によって変わりますが、岐阜の鰻やは殆どが腹開きが主流のようです。タレも継ぎ足しで継ぎ足しで何十年も味はそのまま。鰻やにとっては、店の看板でもありごひいき筋が知り尽くしている味でもあります。昔し、老舗の某鰻やで火事があったそうですが、店の主が家財道具よりこのタレ壷を抱いて避難したという、エピソードがあるくらいです。長良川・板取川の清流で獲れた天然うなぎは、美味しさも格別です。ただ残念なのは白焼きがメニューにないことですね。山椒と山葵だけで食べる鰻も、おつなものですよ。

|
|

« モンテンルパ | トップページ | 県岐阜商が優勝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おっこんばんは!おひさしぶりです♪
ホント、お月さんにまつわるハナシっていっぱいありますね。自分ひとりじゃなかなか思い出せなかったです。ってか、怪物くんの狼男が浮かんじゃいました。(汗)
そういや久しくお外で鰻食べてない~!(家でもだけど。爆)
大昔、浜松で食べた「ひつまぶし」に感動したのが最後かも。
う~ん、白焼きは食べたことないです。美味しそう~!!!

投稿: こまき | 2009年9月29日 (火) 21時03分

こんばんは。
pecoさんは毎日更新されていて、すごいですね。
右上のカレンダーを見て、1日も欠けてない!
びっくりしました。

もう、中秋の名月ですか!はやいですねえ。
いつもカーテンを閉めてしまって、月を見ない生活を
しています。月を眺めるのもいいですね。

投稿: 香菜 | 2009年9月29日 (火) 21時39分

「おっ月さん」の「月」を読み飛ばしてしまうところでした(笑)
確か月にウサギがいるというのは日本だけでしたよね?
ほかの国はどんな言い伝えがあるのかは忘れましたが。

岐阜は腹びらきですか。
関西と一緒ですね。
商人の街の大阪で「腹を割って話ししまひょ」というところから腹びらきになったとか。
ほんまかいな?

投稿: なんじゃ | 2009年9月29日 (火) 22時59分

pecoさん おはようございますcat
こちらは昨日から雨です。
今週いっぱいは雨の予報なのでお月見は
出来るでしょうか。
お月さんを題材にした童話は多いですね。
子供の頃から、ウサギの餅つきをイメージして
見ていたので他のものには見えませんが
他国では色んな物に見えているのですね。
私が一番に思い出す歌は「十五夜お月さん」
月の砂漠は」子供の頃に歌った歌です。
・・・やはり年のせいなのでしょうかね。

投稿: ミミ | 2009年9月30日 (水) 09時28分

pecoさんこんにちは。
ホント毎日の更新すごいな~!
私はサボり気味です。
お月さまは、夢がありいいですね。餅つきウサギも好きです。
もちろんうな重も・・(笑)

投稿: ちぶす | 2009年9月30日 (水) 11時29分

pecoさん こんにちは

今年の中秋の名月は3日ですね
今日も雨模様、明日は晴れると云ってますが
お天気が心配です
月も国によって見え方がいろいろのようです
ウサギの餅つき夢があって良いですよね
PM7時頃保育園に孫を迎えに行きますが
お月さん、動いてる、着いてくると
話しながら帰ります ♪♪・・・・
更新「皆勤賞」ですね(拍手)full

投稿: maho | 2009年9月30日 (水) 12時34分

こまきさん>>
こんばんは。
お月さんにまつわる話題はいっぱいありますね^^:
10月3日のお天気はどうでしょう?
うさぎさんが、お餅をついていると良いね。
ススキに団子でも飾られて、お兄さんと仲つつましく十五夜をお過ごしになって!
お兄さんに、鰻の蒲焼でも食べさせてあげてね(*^m^)


香菜さん>>
こんばんは。
昨年の3月末に、こちらに引越してから日毎綴っています。1日も休まず続けてこれました。
以前のブログ日記も3年間、1日も休まずだったから、
4年半になるのかな?
これからも、続く限り日毎描き続ける予定ですので宜しく(o^-^o)


なんじゃさん>>
こんばんは。
お月さんの月を・・・
プッププ!そうだね、なんじゃのおっさんになっちゃうね(爆)
岐阜も関西風なんだね。
蒸してから焼く鰻やさんもありますよ。
やはり、鰻はタレが命なんですね(*^-^)


ミミさん>>
こんばんは。
お月さまをテーマにした歌は、やはり童話を元にしたものが多いようですね。
月の砂漠・・・そうそう、この歌もありました。
私らの小学生時代には「月光仮面のおじさんの歌が流行りました。白いマントを羽織って自転車に跨って・・・」白いマントは無いので、布団カバーをそれに仕立てて(爆)


ちぶすさん>>
こんばんは。
とんだところで皆勤賞だね(爆)
ただ、万遍たらリと書き綴ってるだけです。
まぁ日記替わりのようなものかも知れませんけど、
その日その日の出来事など、備忘録風に
題材として書いています。


mahoさん>>
こんばんは。
幼児たちには、お月さんのうさぎさんはどう見えるのでしょうね*^^*
それも、お餅をついてる格好だからね・・・
10月3日は晴れてくれると良いですね(*^m^)
お孫さんも、きっと大きなお月さまに感動することでしょう。


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2009年9月30日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/31565058

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜おっ月さん:

« モンテンルパ | トップページ | 県岐阜商が優勝 »