« 女性は誉めるべき | トップページ | windows7が今日から発売 »

2009年10月21日 (水)

能率とは脳率

仕事が出来る人間は物事を先延ばししない。そのためどんどん仕事が片付いていく。一方、仕事が出来ない人は、物事を先延ばしし、そのうち収集がつかなくなるほど仕事が溜まっていく。

何時も考えることですが、頭の中を空っぽにしておくことがとても大事であるということなんです。いろんなことが頭の中に詰っていると、混乱してしまって正常な思考ができない。それだけではなく、それがストレスとなってしまう。仕事をしていて、処理しなければならないことが、次から次へと押し寄せてくる。それらの中から、直ぐに処理しなければならないもの、つまり優先順位をつければテキパキと処理できるはず。あ~ぁこれもあれも、俺には直ぐに出来ないよ・・・と言って、サジをなげる者もいれば、黙って一通り書類の山を眼を通し分けていく者。人間はパニックになると、仕事の順序さえ見失ってしまう。私も実を言うと、何度か同じような能率の悪さに遭遇してきた人間なのです。簡単なことから始めるのも結構、逆に難しそうな仕事から着手するのも結構だが、要は仕事の優先順位さえ覚えておくと、仕事なんてスムーズに処理できると思います。それらは秘訣があります。データーや資料などを常日頃からキチンと整理しておくことなんです。何処のデーターは何処にしまってあるとか、ファイルべースの何処にあるのか、判るようにしておくことです。そして自分の頭の中を空っぽにしておくこと。これが私の仕事の方法なんです。原稿の締め切りに間に合わないのは、順序を間違えてしまった為におきること。それと机の上は、何も置かないよう何時もキレイにしておくことでしょうね。生意気なことを書いてしまいましたが、これがわたし流の「何でもその場でやれば何でも短く済ませられる」仕事のやり方なんです。

それと、忘れてならないのは約束事です。約束は絆ともいわれ生半可なことで約束を反故にするのは、仕事を捨てるも同然なんです。でないと相手から信用すら失ってしまうし、自ら墓穴を掘る羽目になることもある大事なことです。どうしても約束が守れなかったら即連絡をして、事情を話して相手に誤ることが先決ではないか。放っておいて約束を破るのは社会人として失格である。このことは今でも自分にも言い聞かせてあります。人間っておかしな生き物で、自分がもうすぐ仕事からお暇を頂くとなると、無性に拘りが大事であったかのように思えてしまいます。誰から云われたのではなく、失敗に失敗を重ねた経験から若い人達にはこういう事がないよう諭すだけであって、強要はしてはいないつもりです。常に自分の頭の中を空っぽにしておいて、ひとつずつ仕事を片付ける方法さえマスターすれば、何も怖いものはないはずです。あるとすれば失敗を恐れることぐらいかも知れませんが、失敗は成功の元となるはず。だから何事も挑戦すること、すなわちチャレンジなのです。

実は昨日のことですが、一週間前に約束していた原稿の締め切り期限だったのです。担当のHが締め切りを忘れていた。そのことで、上司のミセスがこっ酷くそのHを叱っていた。たまりかねてその訳を聴いてやったのです。私はHが下書きは持っていたので、これから直ぐに原稿を書きなさいと論じた。つまりは書き損じた言い訳を、あれもこれもと仕事のせいにしたのです。それは言い訳に過ぎず、Hも反省したのか素直に否を認めたのです。今日の私はoffの日だったし、その後の結末は知らずだったのが頭にあったので、私も過去の不始末などを思い出し、ブログ記事と相成ってしまいました。

さて、今日の美味しい出会いはなんだったでしょうか。今日は写真のアップは残念ながらございません。明日のブログに掲載したいと思います。

|
|

« 女性は誉めるべき | トップページ | windows7が今日から発売 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Pecoさんのブログには、人生観が漂っているに思えます。仕事の出来が良い悪いは、その人の腕次第かもしれませんが、腕だけでは仕事が進まないことがよく判りました。いろいろ経験されて今のPecoさんがおありかと思います。
人生に於いても先輩格のPecoさんに、いろいろ教わりたいです。

投稿: 大岡忠相 | 2009年10月21日 (水) 18時59分

能率とは脳率 納得行く言葉です。
その意味を理解すれば仕事また生き方に無駄が
有りませんね。
pecoさんは素晴らしい方です。
勉強させて貰ってます。

投稿: aikamu | 2009年10月21日 (水) 19時26分

先日、ひまわりさんともその話題が出ました。

どんなお仕事でもそうですが…、
目の前にある仕事(作業)に
プライオリティをつけたり、
単純作業とそうでない作業を分けて
作業順序を決めたりするのはとても大事な事です。

でも、それが出来ない人が意外に多いです。
また、そういう人にかぎって
言い訳を用意していたりします。
最善の努力もせずに…。
(以前、私の身近にもいました。)

それを腹立たしく思うこともありましたが、
育ってきた環境によるところも大きいのかな…と、
最近では「相手の考え方を治させる」のは無理と
私の中で限界ラインを引くようになりました。
そうでないと、
「なんでこんな事もわからないの?」と、
こちらが苦しくなってしまうからです…。

投稿: おき | 2009年10月21日 (水) 21時43分

どすこい瓦版を訪問したら3003人目でした(涙)。遅かった~。
優先順位の判断ができない人は社会で生きていくのは正直大変ですよね。
この手の話はいつもおきちゃんとの間で盛り上がってます。
そして掘り下げていくと育った環境の違いにまで発展していくんですよ。
掘りさげすぎですかね(笑)。

投稿: ひまわり | 2009年10月22日 (木) 10時53分

大岡忠相さん>>
こんばんは。
先輩格だなんてとんでもない(爆)
人生谷ありですよ・・・
誰だって100%完璧人間なんて居ませんよ。
良い先輩に付けば、手取り足取り教えて貰えるけどいい加減な先輩に付くと、その人のカラーに染まってしまうからね。
私の格言は、聞くは一時の恥・聞かぬは一生の恥です。


aikamuさん>>
こんばんは。
近くに素敵なaikamuさんが居てらっしゃるから、何時も心強く生きて行けます。
私なぞ、普通の平凡な人間ですけど、毎日が勉強です(笑)


おきさん>>
こんばんは。
何処のどんな職場でも、このようなことはあると思います。
生皮人間とはニアンスが違うけど、仕事のプロセスを大事にする方こそ、成功すると思いますね☆ 私の手帳(備忘録)はメモで真っ黒です。
大事なことは赤で付箋、約束事は緑の付箋を引いたりしています。
だから、何時も頭の中は空っぽです(爆)
おきさん?四万人目そして三千人目はどうでしたか?


ひまわりさん>>
こんばんは。
どすこいは3003番目でしたって?
惜しい惜しい・・・
四万人目も未だ何方か判らずです。
ですから、ひょっとして どすこいにもピタリの方が連絡されませんと、ひまわりさんのところへ名産が行くかもだよ!
既に注文してあるので、何方もいらっしゃらないでは困ってしまいます。土曜日から静岡に出張なので、日曜日まで待って該当者の方がない場合は、ご連絡してくださいよ。


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2009年10月22日 (木) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/31876177

この記事へのトラックバック一覧です: 能率とは脳率:

« 女性は誉めるべき | トップページ | windows7が今日から発売 »