« 岐阜の紅葉情況(2) | トップページ | 三村さんを偲んで »

2009年11月 4日 (水)

茉央(まひろ)が産まれて1ヶ月

昨日までの寒さではないが、今朝も随分冷えましたね。やっと、昨日から暖房をONにしましたが、今日はその寒さも少しばかり和らいだようでした。次男宅の茉央(まひろ)も、今日が生後一ヵ月でした。午前中は関市のマタニティで一ヶ月検診でしたので、カミサンが嫁と遥輝らを載せて出掛けました。お陰さまで順調に一ヶ月が経ちましたし、茉央もスクスクと育っていまよ・・・。いまは母乳を与えていますし、日増しに大きくなっていくのがはっきりと解かります。この14日にはお宮参りですし、長女宅の悠莉そして長男宅の柚奈が七五三です。ここ暫く、我が家は何かとお祝い尽くしが続きます。今日は、茉央の誕生一ヶ月をお祝いしてのお昼御膳をと、美濃加茂市の「うを完」で昼食。2009_1104_0015_2

まだ、一ヶ月なので、オメメは見えませんが来月になればきっと眼も見えるようになると思います。女の子ですから、きっと可愛い子になるのでしょうね・・・。この子が誕生して、私には5人の孫に恵まれたことになりました。蘭が小学校1年生ですし、悠莉・遥輝・柚奈が来春は幼稚園に入園します。何としてもこの子たちがお嫁に行くまで、元気にしていたいと思っています。2009_1104_0013_2

今日のお昼御膳です。美濃加茂市加茂川にある「うを完」の昼御膳ですが、二段の重に盛られたお昼にお腹がいっぱいに・・・2009_1104_0009_2 2009_1104_0004_2               

2009_1104_0006_2 2009_1104_0007_2 2009_1104_0008_2 2009_1104_0012_2 2009_1104_0011_2

デザートは胡麻豆腐風なケーキでした。2009_1104_0014

午後からは久しぶりに本を読みたいと、自室で3時間ほど読書の時間に費やすことができました。先週図書館で借りてきた短編推理小説二冊の深夜特急1・2(沢木耕太郎著)と、僕は社会のバガモン(結城恭介著)です。

さて、明日はどんな出会いが待ってくれているのかな。

|
|

« 岐阜の紅葉情況(2) | トップページ | 三村さんを偲んで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵なお昼のご膳ですね~。
お孫さんができるって良いなぁ~。
pecoさんが言われますように、私も良いご縁があって1日も早くこういう日を両親に迎えてもらえるようにsign03って思いました。

投稿: 詩子 | 2009年11月 4日 (水) 21時28分

pecoさん おはようございますcat
お孫さんの成長のお祝いが続き、pecoさんの
嬉しそうなお顔が見えるようです。
七五三のお祝いは、pecoさんのカメラが活躍しそうですね。
お嫁に行くまで・・・あと25年は元気にしていなくては。
お祝いの昼御膳、美味しそうですね。

投稿: ミミ | 2009年11月 5日 (木) 10時53分

詩子さん>>
こんばんは。
そうですよ!詩子さんも、早く彼氏をめっけて幸せになってよ(笑)
いや、もう彼氏はいるのでしょ?
だったら、結婚しちゃいなさいよo(*^▽^*)o


ミミさん>>
こんばんは。
おめでたいことが続くっていう事は好いですよねo(*^▽^*)o
千歳飴を持った孫たちの嬉しそうな顔が、いまから想像できそうです。
ミミさんちのお孫さんは確か、女の子でしたよ?


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2009年11月 5日 (木) 18時33分

おっこんばんは!
お子の成長は早いと聞きますが、生まれたてとなると一段となんだろな♪
ふふふ、pecoさんにとっては、出費の嵩む数カ月となるのでしょうか♪
たくさんのお孫さんに恵まれ、かわいい盛りで幸せいっぱいですねっ!

投稿: こまき | 2009年11月 5日 (木) 19時59分

こまきさん>>
おっこんばんは。
こまきさん風でのご挨拶ですぅ(笑)
孫は何人いても可愛いものですよ!

たくは、さくらちゃんiモミジちゃんと2人もお子がいるんだもんね(爆)
ぼちぼち、如何でしょうね・・・
ややは、可愛いよscissors

投稿: peco | 2009年11月 6日 (金) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/32067601

この記事へのトラックバック一覧です: 茉央(まひろ)が産まれて1ヶ月:

« 岐阜の紅葉情況(2) | トップページ | 三村さんを偲んで »