« 冤罪 | トップページ | 昔話あれこれ »

2009年11月30日 (月)

敬老予備群とでも

ふれあいサロン・・・好い名前のサロンでしょ!このサロンは我が町のサークルなんです。高齢者(65歳以上)のために月に一回、お茶を飲んだり、ご飯を食べたりして世間話しをしながらコミニュケーションを図る場のことなんです。世話をするのは、各地区のボランティアの方ですがその方たちが少ないので、町の福祉協議会が募集をしているという。高齢化社会が進むなか、我が町でも約25%が高齢者が占めるという。つまり四人に一人が、65歳ということになるのかと・・・明日は我が身なのだから、まだ65歳になっていないからいいや・・・では済まされなくなってきました。昔は40歳なんて、凄くお年寄りに見えたものでした。それが50歳を過ぎ、そして還暦を2年前に迎えてアレレッ・・・俺って一体何歳だ?なんて。いや、俺はまだ壮年なんだし、まだまだ若い者には負けない体力だってある。そう自負してきたのだが・・・仕事も来春で身を引かなければならないし、何時までも若い者に交じって現場仕事にでている様は、格好悪く見えてしまうのかと。早く引退しないと、次の人が育たなくなる?うーん。確かにそうだと・・・ポストは次の人たちに譲るべきと考えた。もう次の仕事も決まっていることだし、世間さまのように就職難で働きたくとも、働けない環境ではないのだからその点は有難いと感謝しなきゃならない。生涯現役を目指す心構えは今もって覆すこともしないし、働くことに生き甲斐を持っていることには変わりない。私の知人で年も同じ奴なんだが、私同様に二年前に定年退職。その後一年余りは嘱託として会社に残っていたが、昨年退職したのです。家のローンなどもあと3年ほど残っているとも言っていたし勿論のこと頂く手当ても、半分以下に減り基礎年金と手当てだけでは食べていけないと嘆いていた。そして半年は失業保険などでどうにか食い繋いでいたがその失業保険も切れ、現在は毎日のようにハローワークに通いながら、新しい就職先を探しているらしい。しかし、この年では何処も雇ってくれないらしい。男性の場合は50歳前でも、事務職なんていう仕事はない。仮にあっても日雇いのような肉体労働ぐらいだったと言っていた。ましてや62・3才では絶対にあり得っこないようだ。それでもひょっとしての期待感を持って、根気よく通い続けているそうです。初代団塊世代の皆さんはいま、苦労していますね。決して人ごとではなく何時、我が身に襲ってくるのかも知れない仕事無し時代に、恐怖感が漂ってきます。幸いにして家のローンも既に払い終え、3人の子供たちも片付いて苦しいながらも借金が無いだけ有難いことだと思っています。この先は粗大ゴミにならないよう、残りの人生を楽しみたいと願っている。

今日で11月も終わり、いよいよ明日からは師走ですね。カレンダーもあと一枚だけとなり、気忙しい季節となってしまいそう。今日の美味しい出会いをふたつご紹介しましょう・・・。岐阜市金華通りにあるムーアのモーニングですよ。Nikon2009_1130_003

分厚いトースト・野菜サラダ・目玉焼きがふたつ・ハムがついて、なんとなんと380円です。これだけだと、朝ごはん食べなくてもいいぐらいの量ですよ!そして、下の写真は某公共放送・岐阜放送局の社員食堂のお昼メニューのハンバーグランチでNikon2009_1130_009 す。

朝といい、お昼といいちょっと多めなカロリー摂取を余儀なくされました。その分今夜は歩かなきゃと・・・。明日はどんな出会いがあるのでしょうね

|
|

« 冤罪 | トップページ | 昔話あれこれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

65歳以上のふれあいサロンが有るんでしたか。
私行けますね。どんなんか様子を見て見たい!
現役で仕事良く間に合っても辞めるなんて寂しいです。
何時までも仕事したいですね。
モーニング値打ち!近ければ行きたい!

投稿: aikamu | 2009年12月 1日 (火) 00時57分

pecoさん おはようございますcat
同じ世代として関心をもって読ませていただきました。
私達夫婦も、若い頃・バブル期のようにはいきませんが
仕事があって、世の中にまだ必要とされているかと思えば
有りがたいと思っています。
今年の卒業生は就職難だそうですが、私達は戦争も終わって
成長期に生きてきて幸せだったと思います。
これからは団塊世代も大変だと思いますが、沢山の
年寄りを背負う若い人に出来るだけ負担を掛けないように
していかなければいけないとも思います。

投稿: ミミ | 2009年12月 1日 (火) 09時04分

おはようございます
ふれあいサロン・・・良い名前ですね
そういえば 商店街の一角に ふれあいサロンに似た施設がありました
朝10時~夕方5時まで 無料開放されていて
特に年齢制限はないのですが
どちらかというと ご年配の方たちの憩いの場となっているようです
時々 手作り教室などイベントなどもされているようでした
持ち込みOKなので お茶を飲んだり 食事したり
和やかな雰囲気
商店街の活性化にも繋がっているようです

安くてボリュームもあって美味しそうなモーニングですね!
なかなか外でモーニングを食べる機会がないので
久しぶりに私も食べたくなってきました
休日の朝 ゆったりと 美味しいコーヒーと一緒に味わいたいです♪

投稿: hidamari | 2009年12月 1日 (火) 09時45分

私たちの世代はバブル期の「美味しい思い」もほとんど味わえず。
そして今、わが子の学費の心配をしています。
この先頑張って二人の子供を大学卒業まで仕送りできるのか?かつ、子供たちが無事に就職にありつけるのか?それまで私の職は確保できるか?私たち世代の老後は?いや、自分の親の心配もありますし、自分が今、倒れたら?正直不安ばかりです。
買い物に行くたびにデフレを実感し急速な円高も問題になってますね。
でも運命を恨んでも何も生まれない。
今は少しでも明るい未来になるように出来る事を頑張るしかないですよね。
そうしないと次世代の子供たちがかわいそう。
年功序列の時代が今は懐かしいです。

投稿: ひまわり | 2009年12月 1日 (火) 10時55分

休み時間に書いています。
私はとりあえず現役なので、あと何年も働かなくてはいけないのですが、時としてお仕事を失った時の事を思うと不安になります。

まだ子供にもお金がいるし・・・ネ。でも、この不況はかなり厳しい。あと10年間ぐらい続くのでしょうか?

投稿: ちぶす | 2009年12月 1日 (火) 13時52分

aikamuさん>>
こんばんは。
月に1回、第3月曜日が取組です。時間は1時半から3時までだったと思います。各自治会も曜日は様々ですが行われているはず・・・。
交代劇は、致し方ありませんのでね(笑)
せめて、岐阜国体まではと思っていたので残念です。
モーニング今度、機会を見つけてご一緒しましょう(*^-^)


ミミさん>>
こんばんは。
終身雇用、年功序列なんていうバブル期はどの企業もあって当たり前の時代だったが、バブルがはじけて世の中が一遍してしまいました。
銀行、投資信託など不況で倒産する時代になり、冷え込んでしまった経済。
いま皆さんは苦しんでいますが、自分で這い上がらなければなりません。将来の為にも、子供たちに同じ苦しみを味あわせたくありませんからね。
まずは無駄をなくし、贅沢をしない生活防衛が必要かとおもいます。


hidamariさん>>
こんばんは。
お久しぶりに訪問くださり、ありがとうございます。
やはり、おなじような憩いの場は何処にでもあるのでしょうか。高齢者への配慮かも知れませんが、息抜きが出来ると思いますね。
核家族だった時代から一転、孤独な生活を強いられる高齢者たちも多いと聞きます。
明日は我が身かと、そう思わざるを得ません。


ひまわりさん>>
こんばんは。
そうですよね・・・ひまわりさんと同じく、子供たちへの学費そして就職など、現在の価値観からすれば思い悩まれるのも当然でしょう。私は終戦直後に産まれ、団塊初代として過酷な条件の中で生きてきました。何でも競争・競争の時代についていかないと、どんどん置いてけぼりになってしまいました。貧乏な生活でしたが、どうにかこうにか生き延び、そしてバブルで潤った時もありました。この先も経済の伸びも期待できないと思うし、どんな職にでも噛付いて蓄えた方が得策ではと・・・
不安を持ち続けられるより、プラス思考でものごとに挑戦される方が良いと思いますよ。子供たちの為にもね。


ちぶすさん>>
こんばんは。
未だに現役でご活躍のちぶすさん、お元気なうちに将来のビジョンを考えられるようお勧めしますよ。
まだまだお若いんだから、何とかなるよ(笑)
あと何年ですかって不況のことですか?
デフレ状態だから、脱皮するには相当な月日が掛かると思います。まずは社会が元気になること、国民が元気になることでしょうね。もっとも国の舵取り次第ですけど、進路を誤りそうな日本丸の航海士が居なければの話ですけど(笑)

pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2009年12月 1日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/32426704

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老予備群とでも:

« 冤罪 | トップページ | 昔話あれこれ »