« 寛ぎの場所はどこ | トップページ | 今年は手帳が… »

2009年12月 9日 (水)

飛騨の花餅

久しぶりのお休みとなった今日は、飛騨路へと向かった。国道41号を高山方面に向かい下呂市小坂から御岳方面へと・・・この辺りからは景色がガラリと変わり、年の瀬をまじかにしてか、どの家も冬支度が急ピッチに進んでいるかのようでした。樹木には雪つりがしてあり、塀の中にある納屋の軒には焚き木が積まれています。干し柿だって、大根だって軒に沢山吊り下げてある。濁河温泉に到着し、早速着替えて露天風呂へと駆け込んだ。今日の気温はまだ暖かくて8℃ぐらいであろか、昨日の朝は氷点下1℃だったというから9℃も違って暖かい。Nikon2009_1209_011

旅館の玄関先には、飛騨地方にまつわる正月用の花餅が飾られて、迎春ムードも漂う雰囲気を味わうことも出来ました。赤・白・黄・緑の色鮮やかな餅を、小さく手で丸めて樹にくっつける飛騨伝統の花餅です。高山市の宮川沿いで開かれる朝市では、こうした飛騨伝統の花餅が昨日から売り出されていると聞きました。2009_1209_026

温泉は、御岳七合目に位置していて秘境、秘湯ムード漂う高所温泉郷で、階段を50mくらい下ったところには自然の息づく露天風呂があります。温泉の泉質は硫酸塩泉で御岳山から湧き出る天然温泉です。飲用もでき内臓疾患の病にも効果抜群とも言われます。日帰り温泉入浴もできますが、ここの温泉の湧き水で炊いた湯豆腐は隠れ料理としても有名なところです。2009_1209_034

昼間から、温泉の露天風呂に入って隠れ料理の湯豆腐を頂くなんて・・・こんな贅沢して好いのかと思うぐらいです。わたしにとっては、明日の英気を養ってくれる温泉は息抜きの場所でもあり寛ぎの場所でもあります。

明日はどんな出会いが待ってくれているのでしょう

|
|

« 寛ぎの場所はどこ | トップページ | 今年は手帳が… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~♪
久しぶりにゆっくりお休みがとれて良かったですねnote
温泉の湯どうふも頂いてみたいです~(⌒~⌒)

我が家がごくたま~に出かけるのは栃木県の那須湯元にある共同温泉“鹿の湯”です。
いろんな温度のお湯があって足さえも入れない熱いものまで~smile
埼玉から1時間半ほどですが、やっぱり休日は道路が混むので考えちゃいますrvcar

投稿: うさこ | 2009年12月 9日 (水) 21時58分

花餅、素敵な風物詩ですねhappy02
昔は大晦日が近くなると、まゆ玉というのを木につけて、神棚に飾っていました。それと似ていますが、まゆ玉はモナカの外側の部分を球状にしたものを半分にして、木の枝を挟み込むようにつけるものでした。
他にも飾りがいろいろ入っていたので、七夕やクリスマスツリーと何が違うんだろうと子供心に思った記憶がありますcoldsweats01
意外と花餅を簡素にしたものがまゆ玉だったのかなと思うほど、似たような感じです。

投稿: mizuki | 2009年12月10日 (木) 07時42分

pecoさん おはようございますcat
花餅を飾る習慣はこちらではありません。
綺麗ですね。
温泉の湯豆腐はトロ~リとして美味しいですよね。
私が一番寛げる場所は自分の部屋です。
昔は子供部屋だった部屋を私の趣味の部屋にしていますが
自分だけで使える部屋は一番落ち着きます。

投稿: ミミ | 2009年12月10日 (木) 09時05分

飛騨には花餅があるのですね。
木曽から下伊那にかけては、まゆ玉があります。文化が似ていますね。

そうだ~ね。休日は隠れ宿でのんびりと過ごす事もいいな~。
これは最高の贅沢かもしれませんね。
pecoさんの健康の秘訣ですね。

投稿: ちぶす | 2009年12月10日 (木) 11時39分

おっこんばんは!
久々に花餅を目にしましたわっ♪
絵になる~っと同時に、あぁ、ほっこり☆
湯豆腐、、、贅沢の極みデスね。
pecoさんの元(起源!?)はココにあり!!!って感じて、いつもいつもうらやましゅうございます(≧∇≦)
う~ん、ヌクヌクして痔を完治したいですわっ!(爆)

投稿: こまき | 2009年12月10日 (木) 19時36分

うさこさん>>
こんばんは。
ええ、堪能してまいりましたとも♪
人さまが仕事していらっしゃる時に、温泉に浸かって美味しいものに舌三昧させてもらいました。
温泉は、わたしにとって憩いの場なんです!
疲れたときなど、温泉に浸かるとほんと気持ちが好いですね(笑)
埼玉から栃木の那須までですか?
近いようで結構、時間が掛かるのですね。うさこさんも温泉はお好きですか。
これから、寒い季節は温泉が一番ですよ(o^-^o)


mizukiさん>>
こんばんは。
地方によってはまゆ玉とも言いますね。
飛騨地方では、花餅と言っています。正月は何処のお家でも飾るものですよ。
神棚や床の間などに、こうした縁起物がかざってあるのも地方それぞれですね(*^-^)
あと、3週間ですが明後日、今年の漢字が発表されますが、今年は何と言う字が選ばれるのでしょう。


ミミさん>>
こんばんは。
一番寛げる場所が自室ですってね・・・
私の仕事場も2階に一間ありますが、狭いし横になるスペースもないくらい・・・
以前は子供の部屋だったのですが、誰も居なくなってからは私の部屋になってしまいました。
あと隣に二間ありますが、納戸になっちゃいました(笑)
私の場合は風呂ですね。
一番寛げるところです(o^-^o)


ちぶすさん>>
こんばんは。
木曽から伊那地方もまゆ玉って言うのですか。
日本広しですね・・・
ちぶすさんが寛げる場所っていうと、何処なんですか?
ご自分の部屋ですか?
昼神温泉は、お近いんでしょ
イナカっていう温泉宿というかホテルに昔し、泊まった事があります。園原から5分ぐらいの川沿いにあったと思いますが、いい湯だったことを覚えていますよ(*^m^)


こまきさん>>
こんばんは。
花餅 ご存知でしたか?
さすが物知りのこまきさんだぁ♯^^♯
こまきさんは温泉は如何ですか?
えっ、嫌いじゃない・・・お好きなんでしょ!
温泉は私のお友達なんです(笑)  旅行に行っても必ず三度か四度は温泉に浸かります。
ブヨブヨに湯だれしてしまうぐらいね
最後の落ちがまたいいじゃないですかフッフフフ・・・


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2009年12月10日 (木) 21時00分

花もちの写真が目をひきました。

紅白のものしか、そして、このように芸術的なものを
見たことはありませんでした。

湯豆腐、たれも温かそうで、おいしそうですね♪

投稿: 香菜 | 2009年12月13日 (日) 10時28分

香菜さん、こんばんは。
この花餅は飛騨地方にまつわる正月用の飾りです。
縁起物としい一般家庭は勿論のこと、商売やさんもこの花餅を飾っておきますよ。
湯豆腐は、温泉から汲み上げた湯で豆腐を茹でて
香といい味といい、ほんと美味しかったよ(o^-^o)

投稿: peco | 2009年12月13日 (日) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/32547410

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨の花餅:

« 寛ぎの場所はどこ | トップページ | 今年は手帳が… »