« 中華民国への遠征 | トップページ | 赤穂浪士の討入り »

2009年12月14日 (月)

哀れみな事件

哀れみな事件ですが、宮城県で84歳のお婆さんを埋めたとして、長男が逮捕されたという話題。このお婆さんは病死かどうかは不明だが、11月に亡くなってから長男は金がなかったので葬式が出せなかったという。二人が行方不明となっていて、地元の警察が行方を追っていたが男は死体遺棄容疑で現在、取調べを受けているいう。この話題は世知ない世の中を物語っているかのようで、誰にも相談できなかったのか残念でならない。隣近所のお付き合いがない都会では、このような事件も珍しくもないが地方ではどうなんでしょうね。田舎町ならば、住んでいる町内には自治会とか町内会などがあり、ご近所でのご不幸などでは取り持ちなどなさるはずなのだが、こういったお付き合いがないと困ることさえあるのだが。年の瀬が近づいてくると、このような悲惨な話題が多くなってくる。先日、無銭飲食の話題をしましたがこの男性が常習者であることが判った。それも通りがかりの若い男性が、この男の飲食代を支払って心温まる話題かと思っていたのだが、実は昨日の夜、この男が別の店でも同様な手口で無銭飲食をしたとして、近くの交番に被害届けが出されたという。調べでこの男は過去にも同じような犯行を続け、無銭飲食の常習者として検挙されたという。可哀想だとして若い男性が行った善意の行為は、一体何であったのだろう。この男の行為は、常習者てあること事態が人の善意を踏みにじった哀れさが漂うばかりだ。人は信用できなくなる以前に、人が人を平気で騙す行為に微塵さを考えさせられる。今日はこんな暗い話題ばかりに、心も自然と暗くなってしまう。嫌なことを忘れる為に景気づけにと、帰りに屋台で一杯引っ掛けてしまった。暖簾の隙間からは、伊吹降しの冷たい風がやけに冷たく感じられ、師走の夕暮れがやってきた。こんな日には呑まないではいられないよ。Nikon2009_1214_041

明日こそ、いい日でありますようにと。

|
|

« 中華民国への遠征 | トップページ | 赤穂浪士の討入り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このニュース、会社でネットで見ていました。
なんかさびしいですなぁ・・・
この不景気を物語っているようです。

ほんと、寒くなったうえにこんなのを見たら呑みたくなります。
帰りの屋台で一杯、いいですなぁ。
私も明日行こかな。

投稿: なんじゃ | 2009年12月14日 (月) 23時17分

先日もコメントしましたが、善意で行動した若い男性はすごいな~って思いますが、基本的に曲がったことの嫌いな私はその無銭飲食の男性に対しては「どんなんだろう・・・。」ってやっぱり思っちゃいますね。

飲まなきゃやってられんbottle気持ち、分かります。

投稿: 詩子 | 2009年12月15日 (火) 01時14分

私もこのニュースを見ました。何となくさみしい事件だと思いながら、ここまでの状況になる前になんとかならなかったのかな~と悲しくなりました。

この不況です。無銭飲食した男の人も、こんな事を繰り返してしまう気持ちは?どうなんでしょう・・・。やっぱり辛くなりますね。

投稿: ちぶす | 2009年12月15日 (火) 14時08分

なんじゃさん>>
こんばんは。
ニュースを観られたそうですが、なんかわびしい気がしますね。相談する人が本当に居なかったのかと・・・
多分、刑事責任は遺棄だけの不起訴になるかも知れませんが、犯した罪は罪として更生してもらいたいですね。
帰りの一杯は、酔えませんでした(笑)


詩子さん>>
こんばんは。
常習者は、同じことの繰り返しですから反省の色が無ければ助けても致し方ないと思うけど、何となく若いサラリーマンの善意が通じなかったことに腹が立ちました。
あの時チラッとみせた涙は人を騙す涙とは思えなかったただけに、後で聞いて腹が立ちました。
ほんと、呑まなきゃやってられませんよ。


ちぶすさん>>
こんばんは。
遺棄事件だけで立証されれば軽い刑かと思われます。
気の毒といったほうがいいのかも・・
無銭飲食の件は、善意の若人を騙したことに腹が立ちました。
まったく嫌な世の中ですよね。


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2009年12月15日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/32607609

この記事へのトラックバック一覧です: 哀れみな事件:

« 中華民国への遠征 | トップページ | 赤穂浪士の討入り »