« 国会の開催 | トップページ | 昭和村里の湯 »

2010年1月23日 (土)

映画の第二弾

昨日は、「オーシャンズ」を一部ご紹介しましたが、第二弾の映画を今日もご紹介しましょう。山田洋次監督が10年ぶりに現代劇を・・・渥美清が主演の「男はつらいよ」以来の現代劇で吉永小百合が主演の「おとうと」です。 私の憧れの女優でもある、あの吉永小百合映画なんです。「千年の恋ひかる源氏物語」、「北の零年」、「母べえ」そして「耶麻台国」以来の吉永小百合映画なんです。この1月30日に公開される「おとうと」は、笑福亭鶴瓶が共演するという。是非とも観賞したい映画ですね・・・。50386_200712110718833001197369767c 51322_200801210873283001200925377c 58232_200809180612993001221713918c                             

吉永さんは1945年3月生まれだから、私より2才年上です。映画デビューは彼女が幼いときで「赤胴鈴之助」だったと思う。それ以来数々の映画そして舞台、ステージに立ちその美しさに惹かれたのです。でも最近は映画も年に一本ぐらいと、少ないのが残念でなりません。全国にも未だにサユリストが大勢居て、私たちには永遠の銀幕スターでもあります。

さて、1月も後半に入りましたが、2010年はどんな目標を立てようかと思いつつも、まだ目標らしきものが浮かんでまいりません。手帳は4月以降、何のスケジュールも書いてないし、マッサラの状態なんです。3月いっぱいで二度目の定年退職を迎えるわけですが、4月からは名古屋市内にある某通信社に嘱託として決まっています。週に3日の約束ですが、新聞記事ではなく時間には制約がありません。ですから締め切り時間もなく、自由な労働条件でもあります。東海地方のスポーツが主ですが、プロもあればアマもあると思うので今の仕事に、ちょっぴりレパートリーが増えたぐらいかと思います。勤務時間は原則フリーとなりますが、夜の時間も時と場合によっては出掛けなければならない。遊んでブラブラしているより、まだ元気なんだからそのほうが遣り甲斐があると思っています。あと二ヶ月ですが、今は現在の仕事を一生懸命もうひと分張りしようと頑張っています。

|
|

« 国会の開催 | トップページ | 昭和村里の湯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつ見てもキレイです。
私も大好き!でも娘は・・・・一緒に写真を撮りながら、小百合さんの美しさを分かりません。
もったいないなー。

ずーとキレイな秘訣をお聞きしたいです。

投稿: ちぶす | 2010年1月23日 (土) 20時49分

吉永さんって素敵に歳を重ねていらっしゃいますよね~。
そういう風にワタシも頑張るべしです。

投稿: 詩子 | 2010年1月23日 (土) 22時05分

おはようございます(^-^*)/ 吉永小百合さん、お綺麗ですねえ。わたしも吉永さんのようになりたいわ。そういえばpecoさんはずっと小百合さんファンでしたよね、お母さん焼かないですかぁ?フッフフフフ(^-^*)/

投稿: ともこ | 2010年1月24日 (日) 10時50分

ちぶすさん>>
こんばんは。
母べえのロケは、信州で一部行われたって
前に、ちぶすさんからお聞きしましたよね。

吉永さんは、私のアイドル?なんです(爆)
もう、四十年以上も続いています。
ちぶすさんもアイドルのお一人なのかな?
でも、お会いしてないから(爆)


詩子さん>>
こんばんは。
女性から観られても、そうお思いになりますか?
飾らないというか、シットリとした古風さが大好きなんです。
岡田さんと結婚されたときは、
それはそれはショックでしたねぇ・・・(爆)


ともこさん>>
そうでしょそうでしょ!
ともこさんも吉永さんのように肖りたい?

もう少し経ったら、きっとそうなるよ♪
ん?家のお母さんですか?
ええ、公認ですからね(爆)


pecoからのメッセージて゜した。

投稿: peco | 2010年1月24日 (日) 20時54分

pecoさん こんばんはcat
吉永小百合さんは熟年男性は特にお好きな女優さんだと思いますが
女性から見ても憧れの人です。
私はあまり映画館には行きませんが、邪馬台国は見に行きました。

投稿: ミミ | 2010年1月24日 (日) 20時59分

ミミさん、こんばんは。
私にとってはずっと、憧れの人だったりして(笑)
女性から観た眼でもやはり憧れの人なんでしょうか?

派手さがないから清潔感があるのでしょうかねぇ・・・
何時までも女優さんとして、活躍していただきたいですね☆

投稿: peco | 2010年1月25日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/33096835

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の第二弾:

« 国会の開催 | トップページ | 昭和村里の湯 »