« 笑っちゃうね | トップページ | 番外地編 »

2010年1月20日 (水)

二所ノ関一門

はじめにお断りしておきますが相撲道が好きで、決して二所ノ関一門や日本相撲協会を批判している訳ではありまん。古い仕来りにまい進する相撲界に、新たな風を呼んで欲しいという微かな望みに、あえて小言を言わせてもらいました。何度もこのブログで、相撲を取り上げさせてもらいましたが、日本古来の伝統を守るという日本相撲協会は、古き考えが何時まで経っても変わりません。時代は相撲が始まった江戸時代初期から明治、大正、昭和そして平成へと移り変わってきたのに、伝統を重んじるばかりに組織そのものが伝統だから、今までこうであったからと発想の転換がなく、聴く耳さえ持っていないのに残念極まりないのが素直な感想でもあります。国技だから、日本の伝統だからはもういい・・・今の時代に合致した日本相撲協会に期待したいからである。さて、本題ですがこの日本相撲協会の理事選が二月早々に行われます。今まではほぼ所属する一門で調整が行われてきたのは、皆さんもご承知の通りかと。その調整とは難しい話し合いの元に決まるのであり、すんなりとは行かないのです。二所ノ関一門は今度の理事選に三人を擁立しようとしたが、貴乃花親方が相撲界の改革を訴えて、その理事選に出馬したいと申し入れた。となると、四人だから一人は脱落する。何度も一門会を開いて三人の擁立に拘ってきたのであるが、貴乃花親方はまだ年齢的にも37才と若く、出馬をとりさげようとしたのだが貴乃花は、一門を離脱してでも理事選に出ると言い出し、二所ノ関一門は貴乃花親方を破門とした。そして、昨日の一門会で貴乃花親方に追随する六人の親方らを、新たに破門にしたのである。出馬は年功序列と同じで、いくら実績があるといってもただの親方・・・一門会を取り仕切る古い考えの親方らは、これを頑なに遵守している。貴乃花親方の現役時代に、初めて藤島部屋を訪れたときはまだ年も若く、周囲から持てはやされ確かに天狗になっていた。朝青龍とは違う憎たらしさも正直あったが、これらは我々マスコミも反省しなければならない。強い横綱であり、親父さんも元 大関そしてお兄ちゃんも横綱だから、連日に渡って過激な報道を繰り返したのだから。誰だって有頂天になるもんだと、その頃から貴乃花を観る眼が変わった。だから、個人的には好きになれる横綱ではなかった。そして引退し相撲協会に残って、下働きの場所警備の仕事からスタートし、一代年寄りの名誉をもらって新たに二所ノ関一門、貴乃花部屋を開設したのです。引退後の貴乃花親方は、その当時の態度などについて猛反省して、対応ぶりも180度変わったのである。部屋にも若い力士たちが入門し、稽古にも自ら胸を貸す風景だって観られた。その貴乃花親方が目指す相撲の改革とは、この場ではお話できませんがきっと、若い人や日の当たらぬお相撲さんたちと共に、下働きの人たちにも活気づけれる処遇も含めて改善案を示してくれるであろうと推測します。正直にものを申すことが出来ない相撲界に、こうした改革を訴える若き理事が居ても何ら不思議でもないはず。いまどき、年功序列の古い仕来りなんて、どんな社会でもあり得ない話ですよ。それがまかり通る相撲界は時代が30年は遅れているよ・・・。理事選に出て、10票あればまず当選かと想うが、他の一門で貴乃花親方の改革に賛成だと言って、手を挙げる勇気ある親方衆は居ないのか?Mrt0901252148012p1

名古屋から、のぞみN700系に乗っています。このN700系は窓側にLANが備えられていて、私以外も多くの人たちが盛んにPCを広げて、ビジネスマンたちは何やら仕事をしているようです。午後8時過ぎには東京駅に着きますから、定宿がある水天宮まで寄り道なしです。今日の大寒の日は、何ぞやというほど暖かなお日和でした。岐阜の午後1時の気温は14.6℃の気温で、三月中旬から下旬の暖かさでした。これにより、岐阜の梅林公園の梅も蕾が膨らんだことでしょう。ただし、今夜から明日にかけてはお天気も崩れるとの予報ですから明日は雨かもしれません。何せまだ一月だし大寒なので、二月の節分まではまだまだ寒い日が続くようです。あと、20分ほどで東京に到着します。

|

« 笑っちゃうね | トップページ | 番外地編 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

pecoさん おはようございます

今朝も暖かいですね、不気味なくらい
pecoさん新幹線のからですか
ビジネスマンのPC姿よく見かけますね
携帯の充電中の方も・・・・
便利になりましたね。
貴乃花是からどうなるんでしょうね、個人的には貴乃花親方にエ~ルを送りたいです、pecoさん取材心行くまで楽しんで下さい。

投稿: maho | 2010年1月21日 (木) 07時41分

pecoさん おはようございます
相撲界の事は良く分かりませんが、一般社会と比べても年功序列で
理事が決まる仕組みは変だと思います。
貴乃花一家は色々ありましたね。
私はテレビで報道される部分しか知りませんが、貴乃花の相撲一途の気持ちは伝わってきます。
最後の相撲のお仕事、頑張って下さい。
今度も優勝は白鳳か朝青龍かみたいですね。
”クララ”可愛い!!ですね。

投稿: ミミ | 2010年1月21日 (木) 08時43分

>pekoさん
東京のお天気はどうですか!
相撲協会のようにどんより灰色の空ですか!
相撲協会のお仕事頑張ってくださいね。
長い伝統が息づくお相撲の世界 私たち一般市民には諮り知れない世界かも。
新しい吐息がい入る事を願っています。優勝力士も搾られてきましたね。

投稿: スヌーピー | 2010年1月21日 (木) 10時46分

pecoさん、こんばんは。
東京も今日は雨でしょうか?
相撲協会の最大の改革と言えば、
時津風理事長の部屋別総当たり制だと思います。
貴乃花もそれぐらいの気合いなのでしょうね。
ただ部屋付き親方の立場もあるので、
もう少し時期を見るか根回しをするかしても
良かったように思います。
春秋園事件の天竜三郎さんのことが
頭をよぎりました。

投稿: minmin | 2010年1月21日 (木) 19時08分

mahoさん>>
こんばんは。
春麗らかなって、いう感じですね(^^):
お天気はいまいちでしたが、温かなお日和でしたね。
新幹線も、700系の登場で車内でもLAN無線でのPCが出来るようになって、ビジネスマンらは大喜びしてます。
伝統の枠に縛られた国技!
誰もがそう思っていると想います。貴乃花親方の行動も判らんでもないけど、普通から言えば次の理事選を弁えてのことかと想像します。今回の結果はまず、難しいと想うけどね。


ミミさん>>
こんばんは。
どんより曇って時々、朝方は小雨でした。
でも暖かな日でしたね。
相撲界の波乱とでも申しましょうか、もう少し根回ししてからでも遅くはないと想ったけどねぇ・・・
居ても経ってもおれなかったのでしょうか?
難しい社会ですから、今後の七名の処遇が心配です。


スヌピーさん>>
こんばんは。
相撲協会と同じ灰色の雲ですかって?
そうでしたね、灰色でどんよりとしていました(笑)
古い体質でしたが、少しずつは理事長が言うように改善されてきてはいるようです。
伝統がかもし出した、一門への不満などがあったのも事実でしょうね。


minminさん>>
こんばんは。
春秋事件をご存知とは・・・
minminさん、伊達に相撲好きだとは思えませんね!
この事件を知っているのは相撲番でもそんなに居ませんよ!ずっと前のことだったし、天竜が起こした今で言う造反劇でしたからね。
貴乃花グループは七人だから、今回の理事選はちょっと無理ではないのかなと想います。あと三人、誰を引き入れるのか10日間では時間が無さ過ぎます。


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2010年1月21日 (木) 22時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二所ノ関一門:

« 笑っちゃうね | トップページ | 番外地編 »