« 弥生三月 | トップページ | 眠れてますか »

2010年3月 3日 (水)

人づきあい

人間関係は真意が解からないと複雑な思いをする。私たちの日常は、家庭に於いても学校、社会に於いても家人や友人、同じ会社内の上司や同僚たちと会って話をしたり相談もします。特に友人関係の場合は複雑であると思いますし、時と場合によっては亀裂が生じこれを境に友人として関係が悪化する。仲が良かったのに、或る日突然会話から遠ざかるように距離を置くといったケース。人間という生き物はデリケートな神経の持ち主であって、ある言語・言動がとんでもない誤解をされることがある。そのデリケートな神経とは一体なんだろうと、お思いの方もいらっしゃると思います。人間はそれぞれの生い立ちも違えば、環境だって異なっているはず。つまりは全くの他人であり、考えが違った人たちの集合体なんです。当然ながら性格も血液型だって違う、親と子のDNAが一緒なれども正確が違うといった事と同じなんです。人と和を保つ友人関係は、特に性格の不一致が亀裂を生じる原因のトップではないでしょうか。馴れ合いのまま友人関係を続ける人には、これは相当なショックにもなるだろうし、悩むことになるのでしょう。常に話題の中心となり、リーダシップをとらないと気が済まない人がいるとしよう・・・。その人は、どちらかというと気性はおとなしいが、気分屋的な人に多いとされる。その日の気分次第で、タカ派にもなりハト派にもなるという厄介な人です。例えば「わたしは、アパレル系は好きだと言っておきながら、在る人にはアパレル系は大嫌い」と、平気でうそぶいている人。在る友人には「右と言っておきながら、もう一人の友人には左」と言うのがそうだ。つまり、考えが一致しないパターンだと思えばいい。私の友人の中にはそういったものは居ないが、過去には居て散々和を掻き回した友達が居ました。奴っこさんは、あちらこちらに友人らしき人が大勢いて、結構な社交人でした。ところが或る日、事件が起きたのです。友人の悪口をあちらこちらで陰口を叩いたのです。その友人は誰もが認める仲がよい友人で、何処に行くにも必ず一緒でした。陰口を言われた友人は顔色を変えて怒ると思ったのですが、何を言われようにも平静な態度でしたから我々は唖然としたことを思い出す。陰口を叩かれた友人は後に、こう言ったのです。「心底腹を割った友人ではなかったし、見掛けだけの友人として付き合っていたから何も驚いたり、怒ったりする必要なんてないからね」と・・・。つまり、友人関係をシビアに考えていたからであろう。彼の心底信頼できる友人とは、別に居たのであろうと推測した。何時も何処へも行動を共にしたというのは、彼の予想内の行動であって他の人らにとっては眼を疑い耳を疑ったのである。信頼のおける友人とは、行動を共にしなくてもお互いが太いパイプで絆が結ばれていることであって、誰もが予想もしない人がそうであったりする。人間の真意とは難しく、第三者には解からないところがミソであることを知ることができた。友人と友達とはその中身が違っていて、本来の心底付き合える友人とは別にしておくことが、後になって関係が悪化しても動揺しなくともよいのでは。私はというと、八方美人的なお付き合いは極力避けています。旅行に行くときの友人、飲みに行くときの友人、悩みを打ち明けたり聞いてあげる友人、家族ぐるみでお付き合いできる友人と大まかに分けている。断っておきますが、これは私の場合ですが余り、大勢の友人や友達らとのお付き合いは得意ではありません。だから、友人友達らには悪いが適材適所に、友人を持つようにしています。何もかも共通しての友人、友達付き合いはあまり感心しません。これが私流のポリシーであって、誰もが私のことを知っていることなのです。

今日は無性にうどんが食べたくて、讃岐うどんで有名な丸亀製麺チェーン店で、讃岐うどん「かけうどん」を食べてきました。腰があって、喉越しが良くて美味しかった。2010_0303_18 2010_0303_019_2

讃岐うどん、鰹だしでシンプルな味ですがネギと天カスを入れるとマイルドな味に風変わりしますね。

|
|

« 弥生三月 | トップページ | 眠れてますか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

pecoさん おはようございますcat
人付き合いは難しいですね。
私は余り上手な方ではありません。
ブログ上のお付き合いも、顔も見えませんし言葉も
聞こえませんから誤解やトラブルも起きやすい
かも知れません。
近所でもトラブルを抱えているお宅もあります。
私はお友達は人数より信頼出来る人を少数でいいかな。

投稿: ミミ | 2010年3月 4日 (木) 08時49分

人間関係のつながりは時々、うっとうしく思いますね。特に友人との関係は大事なだけに気を使いますが、特定な友人以外の場合は深く関与しないように心がけているよ。
お喋り好きな人には、それ相応に対応しますけどPecoさんは八方美人ではないから、人との関わりは上手にこなしてらっしゃるのでしょ(笑)マスコミに従事していると、いろんな方たちとの繋がりがあるから難しいでしょう。本音かそうでないかは裏をとれば分かる事だしね。

投稿: 大岡忠相 | 2010年3月 4日 (木) 11時47分

ミミさん>>
こんばんは。
人間同士、一つにまとまるのも難しいことだと解かっていても、このような時には悩みますね。
世間は広いと言われますが、いつ何時このような事を経験するかも知れません。
お友達って、あまり沢山いるのも考えようによっては少ないほうが良いのかなと、考えさせられますね。


大岡忠相さん>>
こんばんは。
私らの場合で揉めることは、言ったいや言わないが元になるケースです。
友達、友人としてではなく大事なことなので、これが尾を引く場合があります。仕事だと割り切ればいいのですが、私らだって生の人間ですから感情だってありますからね。
友達、友人ならばもっと気配りしますけどね。


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2010年3月 4日 (木) 19時17分

人間関係は本当に難しいですね。私は妹との関係でなやんだ事があります。
お友だちもそれぞれのケースでこれ以上は深入りしないでおこうとか、かといっていい加減には付き合ってはいませんが。
どんなケースでも限度があると思います。
自分以外の人の心にはいる時はノックが必要で、ノックなしで無神経な人は苦手です。
人それぞれ思い、感覚のものさしが違いますものね。
最終的には心遣い、気遣いのセンスが同じ人と長く付き合うことになるような・・・。

投稿: hakeikoyurayurahakeikoyurayura | 2010年3月 6日 (土) 08時58分

hakeikoyurayuraさん、こんばんは。
おっしゃる通りかと思います。友達、友人と言っても裏を返せば人間ですから、時には意見の相違もあるでしょうし、衝突することさえあります。
気丈な神経までは使うことはいいとして、お互いの懐奥深くまでは入り込まないほうが無難かとも思います。信頼し合うことがいかに大切か、苦い経験もあって良薬になるかも知れませんね。心遣い気遣いともセンスが同じである人が、大事であるということなのでしょうか。
良いコメントを頂きありがとうございました。

投稿: peco | 2010年3月 6日 (土) 18時46分

こんにちは。
人間関係って難しいです。私もPecoさんと同じ様にいろんな場面で付き合う友達を選んでいます。
適材適所と言えるほど、人つき合いが上手ではないので・・・・困ったものですが。

投稿: ちぶす | 2010年3月 8日 (月) 13時51分

ちぶすさん、こんばんは。
京都に行かれるとかおっしゃったけど、如何でしたか。。。
人さまとのお付き合いは、友人関係からご近所づきあいもあったり様々ですが、皆さまも色々とご苦労なすっていらっしゃいますね。
私なりの意見としては、余程の付き合い以外は深入りしない方が後になにかあった場合、後遺症は少ないと思います。信頼していた人から裏切られたらショックは大きいからね。

投稿: peco | 2010年3月 8日 (月) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/33617845

この記事へのトラックバック一覧です: 人づきあい:

» 離婚問題の悩みは渋川良幸が解決します [離婚問題の悩みは渋川良幸が解決します]
離婚カウンセラー渋川良幸の理想の離婚で明るい第2の人生を [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 11時30分

« 弥生三月 | トップページ | 眠れてますか »