« これぞ瓦版 | トップページ | いのちありがとう »

2010年5月29日 (土)

RAILWAYS

ブラリと映画館へと向かいました。今日から封切のRAILWAYSを観賞です。中井貴一・高島礼子・本仮屋ユイカ・三浦貴大・奈良岡明子らが出演のこの映画、某大手企業のエリート社員を辞め、49才で生まれ育った島根の町を走る小さな鉄道会社に入って電車の運転士を志したストリーです。小さい頃、将来は運転士になるんだという夢があったが、どういう訳か東京の大学を出てから鉄道ではなく、大手の会社に就職してしまった男が、ロマンを求めて故郷の鉄道会社の運転士に・・・中井貴一がその主人公を演じ、妻役には高島礼子、長女役に本仮屋ユイカが演ずる。出雲といえばもう何年か前、大学駅伝で行ったことがある町で、出雲大社が有名である。その山陰の地をトコトコ走る一畑電鉄、この鉄道が主人公が運転士となった小さな鉄道。電車の運転士、、、誰もが小さなとき、将来は何になりたいかのベスト4に入るぐらいの人気があったように思う。私も実を言うとご多分に漏れず、電車の運転士に憧れていました。出発進行!よくこんな真似事をしていたように思う。いつも電車の先頭車両に乗り、本物の運転士の姿を観ながら乗ってたことを覚えています。

10

東海地区でも、最近は女性運転士をよく見掛けます。格好好いですよね、、、出発進行!電車がゆっくり動き出し、手による動作確認もよく似合います。

|
|

« これぞ瓦版 | トップページ | いのちありがとう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

随分とご無沙汰していました。この春やっと大学を卒業したものの、就職はなく田舎の家業に明け暮れています。配達がおもですが、父も母もまだ元気だし今のうちに仕事を覚えたいと思っています。大学の四年間、ずっとバイトしながら親たちには負担をかけないようにと。来春卒業する後輩たちも就活は大変だろうと思ってます。Pecoさんとも二年間、何かとお世話になり有難うございました。元気に過ごしていますのでご安心ください。また時々ですがお邪魔させてもらいます。

投稿: モリゾ-キッコロ | 2010年5月30日 (日) 08時22分

こんにちわ
私の世代の男の子はバスの運転手とか
電車の運転手 トラックの運転手・・・
なぁんて必ずでしたね

そして
女はお茶汲み コピーとりという時代に
就職し ウーマンリブなんていう言葉も
実際に体験し・・・

実は子供の頃
大工さん 植木屋さんになりいといった私
周りはびっくり!!
学校での将来の夢なんていう作文は
花屋さんに変更させられた(笑)

今は工事現場 新幹線 そして
宇宙飛行士とうらやましい時代です

この映画と時を同じくして
自腹700万円で今年の春
サラリーマンをやめて運転手見習いが
誕生したニュースを心ワクワクしながら
聞いたばかりです

投稿: kikikibi | 2010年5月30日 (日) 14時39分

モリゾー&キッコロさん>>
元気だったようだね、もう半年ぐらい音信が途絶えたままだったから、どうしたのかな元気にしているのかなと。。。就職先が見つからずとも、田舎で頑張っているんだから、良しとしなきゃね(o^^o)
また、時々でも覗いてみてください。


kikikibiさん>>
こんにちは。
当時の雇用は、常に男性が優位にたっていた頃ですから女性は不利なものばかりでした。年功序列そして、終身雇用なんて言葉もありましたね。その言葉に胡坐をかいたこともありましたよね。
しかし、現実は厳しいものに代わり男性だって仕事がない時代に・・・
kikikibiさんがおっしゃった自腹を切ってまで運転士のこと、まだ最近のことだから覚えていますよ。


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2010年5月30日 (日) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/34937075

この記事へのトラックバック一覧です: RAILWAYS:

« これぞ瓦版 | トップページ | いのちありがとう »