« 戦国時代 | トップページ | 群馬への旅(2) »

2010年10月25日 (月)

群馬への旅(1)

私のブログ友でもある大事なお友達がいらっしゃる上州・群馬へ行ってまいりました。昨年の5月、この「クララの寝言」から群馬にお住まいのブログ友「おきさん」のブログにお邪魔して以来、ずっとお世話していて頂きました。その間にも、「おきさん」のお友だちと更に交流の輪が広がり、今日までブログを通じてお友達となりました。本来、このようなお友だちとしてのお付き合いは、ネット社会といえども見ず知らずの方たちと、ブログだけでのお友だちとして交流させて頂くのが普通だと思っていました「ひまわりさん」大阪の「もっちゃん」高崎市にお住まいの「チャーリー枝豆さん」そして、渋川市にお住まいの「はすの葉さん」皆さま、素晴らしい好い人たちばかりです。それぞれの地域情報などを交換しながら、人さまとの和が如何に大切かを学ばせて頂きました。前置きが長くなりましたが、いつも群馬情報や大阪情報など聞いたり、私にとっては皆さまが大事なお友だちです。今回の旅は、群馬情報をお知らせ頂きました「おきさん」のご好意に甘えて、七年ぶりの群馬県へと旅してまいりました。同行したのは私の友人三人と共に、群馬県の有名な温泉地である伊香保温泉です。岐阜を10月23日午前9時に出発し、中央道から長野自動車道、上信越自動車道、関越自動車道を経由して、渋川市から伊香保温泉への旅でした。伊香保の宿泊先は「おきさん」のお知り合いを通じてご紹介頂いた伊香保の老舗旅館で、有名な旅館の『千明仁泉亭』でした。旅館に着くなり、いきなり「チャーリー枝豆さん」のお出迎えを頂きました。噂してた通りの立派な紳士で、まずは堅い握手から・・・第一印象は、お人柄も想像してた通りの素晴らしい方でした。お仕事の途中でご多忙のなか、わざわざ私たちの為に、到着を待ってくださっていたのです。それに、沢山のお土産までご持参くださって本当に感激しました。「チャーリー枝豆」さま、ありがとうございました。思いっ切り、私流のハグをしたかったのですが、大勢の人前でしたので遠慮させていただきました(笑)でも、堅い握手をずっと、、、さあ、楽しみにしていた伊香保温泉の湯です。黄金の湯と知られ、泉質は硫酸塩泉です。黄金風呂といわれ、どちらかというと茶褐色に似た源泉でしょうか・・・。1階にある大浴場は最深部が1㍍あり、立ち湯ですよ!そのほか家族風呂や部屋風呂もあり、温泉三昧ができる豪華温泉宿。その昔、海軍中尉 川島武男と陸軍中将 片岡毅の娘 浪子が、愛しながら運命に翻弄した悲別の小説「不如帰」に書かれた処としても有名です。石階段が続く伊香保は、過去に著名な人たちが愛した温泉でもあるのですね。では、伊香保の夜を少しだけですがご紹介しましょう。

019

021

022

018

さぁ~次は、部屋での夕食をご紹介しましょう。私とWは、前席で運転を交互にしてきましたので、アルコールは一切飲まずで伊香保に来ましたので、今宵は二人?の飲み会でした(笑)  既にO、Ⅰはほろ酔い加減でしたが、温泉に入浴後に眼が覚めたのかまた、飲み始めました。メインデッシュは赤城牛のすき焼き。011

013

014

016

美味しい伊香保の夜でした。この時間、午後6時はまだ「おきさん」「ひまわりさん」「はすの葉さん」の御一行さまは、まだお仕事だったのでしょう。お先に、群馬の味を堪能させていただいておりまする。。。午後8時過ぎ、フロントから電話があり、○○さまがいらっしゃいましたとのコールがありました。フロントに行きましたら「ひまわりさん」が、まずはご到着。思わずハグしようとしましたが、他のお客さまの手前またまた遠慮しなきゃならない羽目に、外国だったら絶対にハグしてたと思うよ(。>0<。) 「ひまわりさん」と堅い握手!うーん、、思わず「ひまわりさん」の美しいお顔、容姿にウットリしてしまいました。なんだかんだと20分ほど、お話ししたいたら今度は「おきさん」「はすの葉さん」がご到着、、、もう感激して、何がなんだか解からないぐらいボルテージが上りっ放し(笑)  もちろん、握手握手の連続です。私だけ上州の綺麗処の方たちを独り占めしてはと想い、部屋で飲んでいた家来たち?にも、1階に下りてくるようにと。。。まずは自己紹介からです。私はさておき、まずは家来どもからです。今日同行したのは、私の高校時代に野球部として共に苦労したクラスメイトです。バッテリーを組んでいて投手をしていたW、それに女房役で捕手のO、私同様、レギュラーではなくベンチウォーマだったⅠら。皆んなが、上州美人のお三方たちと握手です。本来なら、私たちの宿泊する部屋へお通しするべきですが、何せお若い女性たちです。此処は大儀を弁え、玄関横のラウンジロビーでの対談となりました。「おきさん」「ひまわりさん」は司会業とパソコンのインストラクターをなさっていらっしゃいます。今日もお仕事を終えられ、駆けつけてくださいました。また「はすの葉さん」は、ワンちゃんのドッグランナーをしていらっしゃり、つい先日まで米国で競技があり、帰国されたばかりなんですよ。皆さまから、群馬のお土産を沢山頂戴してしまい、本当にありがとうございました。お仕事で直ぐに帰られてしまいましたが「チャーリー枝豆さん」皆さまの暖かいご好意と、オーラそれにパワーをいっぱい頂きました。今度は、皆さまに岐阜へ来ていただく番です。私たちが精一杯のお持て成しが出来るように、今から楽しみにしております。こうして、楽しかった伊香保の夜は暮れ行きました。この続きは、次回掲載させて頂きます。

|
|

« 戦国時代 | トップページ | 群馬への旅(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遠く岐阜から群馬にお越しくださり、ありがとうございました。伊香保の湯も楽しんでいただけて、ほんとうに良かったです☆

ブログを通じて出会った皆さまと実際にお会いするなんて、ブログを始めた頃は想像していませんでしたが…。

pecoさんとブログでお話しするたびに楽しくて、気づば、1年半が過ぎていました。
今回の群馬来県をきっかけに、お会いすることができて、とても嬉しかったです。

今回は私もひまわりさんも翌日にお仕事が控えていて、ゆっくりお話しできませんでしたが、次回はゆっくりお話しできたら…と思っています。(チャーリー枝豆さんとの日本酒対決?)

追伸
来週、ひまわりさん・はすの葉さん・私の3人で伊香保温泉に行く予定だったりしちゃいます(*^_^*)

投稿: おき | 2010年10月25日 (月) 14時42分

おきさん、おはようございます。
考えてみると、お隣りのお隣りなんですよね。
岐阜県の東は長野県ですから、群馬県はその東隣りなんでよ(*^_^*)
ブログ友に初めてお逢いしたのはこの三月、大阪に行ったときのもっちゃんでした。
それから、おきさんたちが二回目ということになります。
チャーリーさまとの日本酒対決、おきさまらご参加されると好いよね(笑)
来週ですか?伊香保でヨイヨイですか?
ひまわりさん、はすの葉さんとご一緒ですね。
ゆっくりお過ごしくだされ、、、(笑)


投稿: peco | 2010年10月26日 (火) 07時55分

私も坂東三十三所巡りのついでに伊香保温泉に行った時は「千明仁泉亭」に泊まりました!お風呂がいくつもあって、素敵なところでしたね♪

ブロ友さんとお会いになったんですね!私も最初は「ネット上での付き合いなのに会ったりするのはどうかな…」と思っていたけれど、ブログでやりとりしているうちに友情が芽生えるものなのでしょう。会えば、まるで昔からの友達だったかのように感じるから、不思議ですよね☆

投稿: れいちん | 2010年10月28日 (木) 23時41分

れいちんさん、おはようございます。
あらららっ伊香保でのお泊りは、一緒の旅館でしたってね、、、木造三階建てで、格式ある老舗旅館です。皇族の方たちもお泊りになったところですし、好い旅館だったと思います。ネット社会でもこのように、お友だちになれるんですよ。気軽にお話が出来、素晴らしい方たちでした。私はいつも出逢いを大切にしてきましたから、これからも同じように大事にしたいと思っています。

投稿: peco | 2010年10月29日 (金) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/37381059

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬への旅(1):

« 戦国時代 | トップページ | 群馬への旅(2) »