« 投網漁法と彼岸花 | トップページ | 大沢親分の訃報 »

2010年10月 4日 (月)

知らぬが仏

知れば腹が立つことも、知らなければ怒りも覚えず仏さまのように安易な気持ちになれますね。世間には、執拗に人さまの行動や人さまの家庭の事を、いい加減な例え話で話される方がいます。自分たちのことには口にチャック、何時も人さまの事が気になってしょうがない・・・。このような方が、貴方の傍にいらっしゃいませんか? 一見、おしとやかに見えますが、そんなこととは違ってあちらこちらで口外される。別に悪いことをしている訳ではないから気にもしていないが在る日、その方の噂話を耳にしました。その方は、ご自分の噂話など余所では絶対にないと思っていらっしゃったのでしょう。馬の耳に念仏・・・馬に念仏を聞かせても一切、その有難さが解からないことから、この言葉が在るとおり人さまのことが気になってしょうがない方は、どんな想いをしているのでしょう。

Img_1458557_55627089_4

天女の子供は天女です。日本の童話に出てくる天女たちは、何故か衣を身に着けていますが外国の天女の子供は、背に羽を着けています。天女の所為にするのは、いささか可哀想な気がしますが、ものの例えからすれば衣は身を隠すことから、他人のことにお節介を焼く方は衣が口になっているからだと云われます。余所の市に〇〇対策課という部署があって、昔風にいえば村八分になった人たちと、融和を保とうとしている課があるそうです。現在は表現は違いますが、これと似たような人たちの集団があります。普段は全く普通の人ですが、いざ難しい差別の話になると、いさかいもなく横暴になってしまわれます。その方はそれらしき人なのか解かりませんが、人さまの事は知っても、知らぬふりをすることが災難を招かないことではと思います。

|
|

« 投網漁法と彼岸花 | トップページ | 大沢親分の訃報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

馬の耳に念仏も、人の事に目もくれずではなく他人に言い触らす人が多いですね。平気なんでしょうか、人が喜ぶとでも思ってるんでしょうか。

投稿: 大岡忠相 | 2010年10月 5日 (火) 14時13分

Pecoさん、やっと我が家のPCが直ってきました。買い替えようかと迷いましたが、一万円ちょっとかかりましたがこのご時世なので修理していただきました。私のご近所にも、他人様の事を言いふらす人がいます。口喧しい人なので誰も相手にされていません。

投稿: 飛騨の飛騨っ子 | 2010年10月 6日 (水) 17時54分

忠相さん>>
おはようございます。
ご返事が遅くなってゴメンなさい。
口は災いの元なんていいますが、人さまのことをあ~だの、こ~だのと言いふらす人は逆に言い表せば気の毒な方だと思えば気がすっきりとしますね。忠相さんの周りには、そのような方はいらっしゃいますか。


飛騨の飛騨っ子さん>>
おはようございます。
お返事が遅くなってゴメンなさい。
おおおっ、パソコンが治ってきましたか(^^)
無きゃないで不便ですからね!
そうですか、貴方の近くにもそういう方がいらっしゃる。。。きっと仲の良いお友達も、離れられていかれるのではないでしょうか。
あまり嫉妬深いと嫌になることがありますからね。。。


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2010年10月 7日 (木) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/37067519

この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬが仏:

« 投網漁法と彼岸花 | トップページ | 大沢親分の訃報 »