« 大沢親分の訃報 | トップページ | 戦国時代 »

2010年10月14日 (木)

とっと、ご無沙汰です

このブログをメインにしていますが、昨年の10月末から開設したpecoさんのボヤキが、ここ暫くの間に主流になってしまったようです。やはり、毎日の更新というのは大変だし3日から4日がいいのでしょうか。カテゴリーも沢山あるでもなし、元々はスポーツ主体のホームページがスタートした原点でしたので、記載する内容も自然とスポーツ記事が多くなったのも確かなんです。今年もプロ野球新人選択会議まであと、2週間と迫りました。高校生で、岐阜県からのプロ志望届けを提出した有望な選手は、今のところ皆無です。昨年もそうだったが、ドラフト候補の選手はそんなにやたらといない。大学では、東海地区大学の池ノ内(中京学院大)が、プロ志望届けを提出したとの情報が入っている。ブロ志望届けは8月22日から10月14日の今日までなんだから今日辺り、大物選手が届けを出す事もあり得る。

Sportsdoraft

高校生で志望届けを提出した主な選手は、中川(成田)・山田(履正社)・勘野(PL)・吉川(PL)・大浴(光星)・磯村(中京大中京)・一二三(東海大相模)・田中(大分工)など。大学生では、ビック3として評判の斉藤(早大)・大石(早大)・沢村(中大)らの大物選手の行方が注目されています。金の卵といわれた将来性がある高校生を選択するのか、それとも即戦力として使える大学生、社会人を選択するかは抽選で複数の球団にクジを引き当てられるのを待つか。それとも、単独指名ですんなりと指名されるかは当日の運命。プロ12球団はドラフト指名候補選手と、どんな指名約束をしているのだろう。

|
|

« 大沢親分の訃報 | トップページ | 戦国時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですか、もうドラフトの季節なんですね。斎藤を注目していますが、意中の球団はやはり在京球団でしょうね。大学生は即戦力として使えるからやはり億単位の金が…沢村もいい投手らしいですが、二人も指名権とるのは難しいでしょう。絶対に希望以外なら社会人と駄々っ子ぶりをつらぬけば一位斎藤、二位沢村の線もあるしね。三位に大石なんてこともね。将来性より今、巨人には弱体と言われ今年は三位だったし粋のいい選手が必要なんだから、高校生より大学生がノンプロだと思います。

投稿: 大岡忠相 | 2010年10月15日 (金) 13時05分

こんにちわ。
Pecoさん、三つもblogやホームページをお持ちだなんて凄いですね。私なんか何一つ持っていないのに(-.-;) 友人のホームページにちょっと顔だししてるだけ(笑)

投稿: 大納言 | 2010年10月17日 (日) 08時23分

忠相さん>>
こんばんは。
あと一週間ちょっとでプロ野球のドラフトです。リストアップされた選手たちの運命が決まる時ですが、指名権が重複するとクジで決まるとは。。。クジなんだから希望の球団に入れるとは、パーセントからすれば確立も多いか少ないかで決まります。反面、単独の場合はすんなりと交渉権が決まってしまう。選手たちは固唾を呑んで自分の将来を案じているのでしょう。


大納言さん>>
こんばんは。
最初は、ちょっとした切欠でしたからね。
やってるうちにいろいろと首を突っ込んでしまって(笑)
でも、やってて良かったよ。知らない人達ともお友だちになったりね。


pecoからのメッセージでした。

投稿: peco | 2010年10月19日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/37226718

この記事へのトラックバック一覧です: とっと、ご無沙汰です:

« 大沢親分の訃報 | トップページ | 戦国時代 »