« 北朝鮮の弾道ミサイル | トップページ | 今日から新緑の5月です! »

2012年4月23日 (月)

野田首相は賢明なリーダーと評価

米国のワシントンポストが『四つの困難な問題』と真剣に取り込んでいると、日本の野田佳彦首相のことを賢明なリーダーと評価している。その四つの困難な問題とは、①消費税の増税②沖縄の米軍基地再編成問題③原発再稼動④環太平洋経済協定問題(TPP)など、どれも真剣に取組んでいて、おなじ民主党の鳩山・菅前首相より好感を持って期待すると論じている。その鳩山さんは言うことと、実績が伴わない宇宙人のような人。菅さんにしても、何時もイライラした作り笑いで、咄嗟の状況判断が的確に行なわれない人と評している。ワシントンポストが、ここ数年の日本のリーダーのなかで野田佳彦首相を最も賢明なトップと評したのは、彼の人柄なのであろうか、それとも政治に対する真剣な前向きを評価したのであろうか。

|

« 北朝鮮の弾道ミサイル | トップページ | 今日から新緑の5月です! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田首相は賢明なリーダーと評価:

« 北朝鮮の弾道ミサイル | トップページ | 今日から新緑の5月です! »