« 月一の更新とは情けなや ! | トップページ | 審判が下った »

2012年12月 8日 (土)

真珠湾攻撃は卑怯な攻撃

1941年12月8日、今から71年前の未明に、日本軍の奇襲攻撃は米国ハワイに照準を合わせ、闇討ち同然の奇襲攻撃を仕掛けた。

D3f055f2
戦争を始めた日本は当時、軍部が政権の中心を担い戦争賛成派と反対派に分かれていたと聴いている。日本は米英と戦争状態になる前から、中国や朝鮮そして南方の国々を実力支配して、中国とは戦争状態だった。満州事変を切欠に当時の支那や朝鮮に侵略し、多くの人民たちに被害を負わせた。資源が少ない日本は東南アジアにも侵略、石油やゴムや金属などありとあらゆる資源確保を目指していた。それに業を煮やした米英各国は、日本に対しあらゆる資源の輸出を禁止し日本を、孤立無援状態に追い込もうとしていた。戦争はしてはいけない、多くの日本人たちはそう願っていたし軍部はそういった平和的な思想を持った人たちを、徹底的に拘束し日本を戦争へと導いてしまった。太平洋戦争が始まり一年は破竹の勢いだった日本もやがて劣勢になり、1939年の春に私の父にも召集令状が届いた。病気がちだった父、戦地に狩り出される日に空襲で輸送船が撃沈し、戦地には行けずじまい。そして結核になり、国内の療養施設に収容された。運が良かったのか悪かったのか、戦死だけは免れたようだった。戦争で亡くなった三百万もの人たち、戦争さえなければ平和な家庭がきづかれたのに何と獄なのか。

|
|

« 月一の更新とは情けなや ! | トップページ | 審判が下った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020526/48130328

この記事へのトラックバック一覧です: 真珠湾攻撃は卑怯な攻撃:

« 月一の更新とは情けなや ! | トップページ | 審判が下った »