カテゴリー「心と体」の記事

2008年12月26日 (金)

糖尿病

全国で、糖尿病の疑いがある成人が推計で2,210万人以上とも。これは厚生労働省の「2007年国民健康・栄養調査」で判った数字である。これらの数字は患者だけではなく、予備軍も含めた数字であり、1997年から10年間で約1.6倍となって4.7人に1人となる計算。国民の生活習慣病の危険が急速に広がった勘定である。食生活の乱れや、運動不足がなかなか改善されていないのが要因とも言われる。ひとつの目安として、糖尿病の診断指標の数値は、正常な人の血糖値であるヘモグロミンが「5.6%未満」で、「6.1%以上」の糖尿病を強く疑われる人が890万人、また「6.1%未満」の糖尿病の可能性を否定できない人は約1,320万人で合わせて約2,210万人にのぼるとも言われる。また年代別の占める割合は70才以上が37.6%で最も多く、60代35.5%、50代27.3%、40代では15.3%、30代6%となっている。糖尿病が恐いのは、自覚症状がほとんどないからだろう。私自信も10年ほど前に、肥満に襲われて血糖値が6.3%まで上ってしまった。原因は定かではないが、ストレスやら動物性たんぱく質や、動物性脂肪分の摂取オーバーだったのであろう。青野菜などはサラダぐらいしか食べなかったし、明らかな栄養バランスが狂っていたと思われた。医者嫌いだったのを、家内の説得に負けて診察を受けたら糖尿病うんぬんの可能性があるのではと医者に言われ、その日から食改善やジョギングを始めた。2年ほど経過して、その効果はすぐに表れた。ヘモグロミンも5.8%まで下がり、肝機能なども以前と比較しても格段と良くなった。それ以来、適当なジョギングなどを続していて、現在は若干太り気味ではあるが健康体になった。ちょっとでも油断すると、すぐに血糖値が上るから日頃の食生活をコントロールしなければならない。生活習慣病は恐い恐い病気なのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|