カテゴリー「出張」の記事

2009年11月28日 (土)

博多はえかった

今朝の博多は、岐阜に比べると暖かな朝でした。ここからは玄界灘は観られませんが、きっと波穏やかな様子だったのではと。夕べは10時ちょっと前にホテルに帰ってきて、ブログアップはしましたが、睡魔に襲われてしまい、もう一つの「pecoさんのぼやき」は、お休みさせて貰いました。中州で一杯やってから、博多長浜ラーメンを食べてブラブラと歓楽街を散歩がてら、徒歩で帰ってきましたが部屋に入るなり眠たくなってしまいました。朝起きてから、帰りの切符を手配しておくことを忘れていたのを思い出し、フロントに電話をして8時08発の「のぞみ」を手配しておいた。昨日同様に新大阪で「こだま」に乗り換え、岐阜羽島までです。普段ならば新大阪から新快速で米原、そして大垣・岐阜へと乗り継いで帰るのですが、今日は岐阜羽島まで・・・。土曜日とあって、新幹線車内は空いていました。大阪までの2時間半は、ゆったりと寝ていけましたし今朝の一般紙とスポーツ紙に眼を通して爆睡でした。2009_1128_001

2009_1128_003

ホテルでの朝バイキングです。オムレツ・ベーコン・イカの唐揚げ・ブロッコリー・モヤシのサラダ・パンを2個そして、コーヒーはお替りして2杯とトマトジャースでした。博多といえば何と言っても明太子ですよね。我が部署に三っつ、そして我が家に一つと四っつもGETしてしまいました。結構高価なんですね・・・お陰で財布が軽くなっちゃいました(爆)2009_1128_004

2009_1128_007

新大阪に着いたのが10時50分で、ちょと早かったけど何時も買う、コンコースのキヨスクで水了軒の幕の内駅弁を1個購入。ここの駅弁は美味しいので有名なんですよ・・・甲子園遠征のとき、時間があれば必ず買う駅弁なんです。巷では水了のシンプル弁当と呼ばれているそうで、野菜の煮付けがたっぷりと入っています。ここで「こだま」の各駅停に乗り換え、車内でお昼をご馳走になって、2日間のお仕事(正味4時間?)が終了です。部署に戻っても3人とも出掛けていて誰も居ない。各自の机にお土産とメモを置いてまいりました。その足で先日、高校サッカーそしてラグビーの岐阜代表となった岐阜工に行かなきゃならないので、寄り道をして我が家へと・・・。

明日は休めそうです。いろいろとやることがあって、時間が費やされそうです。明日も何かいい出会いがあるといいのになぁ~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2009年11月26日 (木)

続編 越中富山

富山といえば、置き薬と砺波のチューリップ?いやいや、まだまだ富山を代表する由来は他にも沢山あります。富山湾で獲れる蛍烏賊・日本の秘境と云われる立山連峰や室堂、そして越中八尾のおわら風の盆。まだ数え知れないぐらいあると思います。岐阜県と県境をはさむ合掌造りの五箇山合掌群・・・岐阜県の白川郷と同じく雪深い、合掌村は日本の文化でもあり観光地でもあります。富山県と岐阜県境の猪谷近くに、神通峡があります。この地は細入いう小さな街があり、飛騨と越中の交通の要所として古くから開け、猪谷関所が置かれていたそうです。越中からは塩漬けブリ・塩・米・酒などが、飛騨からは木材などが運ばれており猪谷関所ではこれらに税を課し、たいそう潤っていたところです。富山駅から富山地鉄に乗り換え宇奈月温泉まで行くと、ここからはあの有名なトロッコ電車に乗って黒部へのルート。また富山地鉄立山線からは、立山黒部アルペンルートで日本を代表する黒四ダムへの秘境ルートがあります。立山連峰が見渡せる室堂からの絶景は、まさに大パノラマです。昨日は残念ながら立山ではなく、富山市内でした。本当は氷見まで行きたかったのですが、富山の北部に位置する鯰温泉で、仕事を切り上げてからゆっくり日本海富山湾で獲れた新鮮な魚介類をご馳走になりました。そして、やはり楽しみなのは地の温泉ですよね。ちょうどこの時間は近くの方たちが入浴していらっしゃり、温泉場での撮影は取りやめました。塩化鉄泉含ナトリウム泉質とあって、リウマチ・腰痛・切り傷・肩凝りなどに効果があるようでした。2009_1125__005

2009_1125__010_2

2009_1125__012_2

2009_1125__015

2009_1125__025

2009_1125__027

大きな鍋は、越前ガニ・海老・ブリ・野菜などが入ったものでその後は、お決まりの海鮮雑炊です。味が染みとおってて超美味しい雑炊でした。2009_1125__009

2009_1125__008

温泉は冒頭でも申し述べましたが、とても好い湯加減でした。温泉といってもデッカイ温泉ではなくて、こじんまりとした温泉です。ご覧のように番台があって、番台に座っていらっしゃるのがここ、鯰温泉の女将とか。入湯料は大人400円なんですよ!目茶安いですよね。

こうして、富山の美味しいご馳走を食べてまいりました。明日からは福岡ですが、岐阜羽島から新大阪で乗り換えて博多までまいります。約3時間半掛かりますがゆっくりと寛いでいけそう。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009年11月25日 (水)

富山へ出張

今日は、岐阜のお隣である富山市までお仕事でした。朝7時に出掛け、東海北陸自動車道を高山清美ICで降り、国道360号から471、472号を経て富山市八尾へ。宮川そして神通川は紅葉も終わって、景色は冬にはいる気配のようでした。本来ならば高山清美ICで降りなくとも、富山小矢部ICまで直行したほうが時間的には早かったが、どうしても途中で寄り道がしたくて一般道の利用でした。仕事はお昼からだったので、比較的時間も楽なスケジュールでしたし予定時間よりも早く到着することが出来ました。仕事を終え、鯰温泉の一軒宿で予約していたお昼と、温泉に浸かり日本海の美味しいものがゲットできました。ブリのシャブシャブ・ブリや富山名物イカの刺身、ホッキ貝などお腹いっぱい食べさせてもらいました。お昼の最後は、カニやブリの出汁で造った海鮮オジヤ雑炊です。そして温泉です。四方(よかた)の漁師 弥三郎が母の腫物の薬を求めて、富山城下の薬屋に良い薬はないかと捜し歩いたが、これといった良い薬もなく疲れ果て今市の里にさしかかったとき、腫物のある親狐に子狐が水をかけているのを見つけ、狐が去った後そっと水辺を覗き込むと、白鯰の群れが月影に怪しくうごめいていた。その漁師はこれはただの水ではないと母の腫物につけてみると、翌日には母の腫物が快方に向かって致そうな。これは今から約250年前の出来事で、間もなくその水の風呂屋が建ったのが、現在の鯰温泉の由来だとか・・・【鯰温泉源泉書より】

2009_1125__007

2009_1125__006

続きは、明日のブログにUPしたいと思います。岐阜、富山間の往復396㌔の走行は正直疲れました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年9月 6日 (土)

みちのく2日目

何時もの時間に起床!いま朝の5時であるが、隣りではまだ友人が寝ている・・・よほど呑んだのだろうか・・・。海辺を散歩しがてら、朝湯に浸かりホット休憩していたら、やっと眼が覚めたのか起きてきた。フロントから朝食の電話が・・・先月からダイエットの意味もあり、朝はバナナと水だけの朝食。さいわい、朝のバイキングにバナナがあったので牛乳とで簡単なディナー(笑) もう、1ヵ月が経つが効果が見ものである。湯野浜から致道博物館に寄り、途中でお土産やで「ただちゃ豆大福」を買った。我が家の婆あばの好物である。そして、寒河江にも寄り道・・・昔し、ここの温泉に泊まった事があるが、大きな温泉地ではなく旅館も9軒ぐらいのところだ。そして山形から少し北にある天童まで行き、将棋駒を2セット買った。ここは将棋のメッカで、全国の将棋駒の生産地でもある。道の駅ではさくらんぼジュースの瓶詰めがあったので、6本ほど宅急便でお願いしておいた。この天童で、昼に米沢牛のステーキを食べたが、私はちょっと小さめなサイコロにしてもらった。出発便まで時間があったので山形まで戻りもう一度、局に立ち寄りしたが殆ど外に出払っていて、20分ほどいただけで空港に送ってもらった。ずっと行動を共にしてくれた友人に感謝し、ここで別れた。山形を16:40分発の小牧行は、昨日と同じぐらいの搭乗客で機内はガランとしていた。予定通り17:45分に小牧空港に着いた。今夜は郡上踊りの踊り納め・・・奥美濃の夏の風物詩がやっと終幕した。夜の8時から旧庁舎前広場で、この夏最後の郡上踊りがあり、そのあと笹に提灯を吊るした送り笹で、7月12日から始まった郡上踊りが幕を降ろした。まもなく奥美濃には、本格的な秋が駆け足でやってくる。Im002162

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年9月 5日 (金)

久しぶりに訪れたみちのく

小牧空港発10:15分の山形行きは空席が目立った。ジェイエアーの便だが小型のジェットで、乗り心地はお世辞にもよくない。最初はセントレア中部からと思っていたが、鶴岡に近い庄内空港行きの便はあいにくと一便もない。それではと、県営小牧から庄内行きは?と検索したら、これまた便がない。しゃーないなぁと思いつつ、山形に変更した。この空港はコミゥーター専用になり、国内9ヶ所の地方空港への便になってしまった。そのかわり、搭乗手続きなどもセントレア中部国際空港と違って格段に速いのが良い。空港の駐車場も利用客には無料ときていて、便利このうえない。1時間のフライトで山形へ、到着ゲートで仙台から来ていた友人らと合流し、東北自動車道から山形自動車道を通って鶴岡へと・・・。遠くに出羽三山のうち月山・羽黒山は、雲があって山頂は望めなかったがほんと、ひさしぶりの陸奥の国へ・・・何となく東北の人たちはのんびりしているような。仕事は2時間ほどで終わり、今夜は鶴岡市の湯野浜温泉に泊まることになっている。そう言えば、ブログで知合った方がこの近くの酒田市にご在住である。ニックネームがmaazyoさんと言われる方で、頻繁に行き来させていただいている。鶴岡市から国道七号線を北上すること約30分ほどで、お住まいの通称港町三丁目だとお伺いしている。お目に掛かれると超ハッピーなんだけど、あつかましい思いがして・・・明日には帰らないといけないから、また次回の出張の際には是非是非お目に掛かりたいと。いま湯野浜温泉のKや・・・というホテルで書き込んだところ。友人はもう酔っ払ってグロッキー・・・続きは明日書くことに。おやすみなさい。7184

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|